無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ツイッターで話題のマスクの再利用法 「耳の部分捨てずに使うなんて驚きだ」

ライフスタイル

(画像は水城涼(@Mb_Fit_2)さん提供)

マスク不足が深刻ないま、ハンカチやガーゼを使った「手作りマスク」で代用する人が増えています。

そんな中、ツイッターであるマスクの再利用法が注目を集めています。

ツイッターで7万いいねの反響

「手作りマスク」の作り方はさまざまな方法がありますが、たとえば、ハンカチやタオルを扱う川辺株式会社が紹介したのは、ハンカチとヘアゴムを使った作り方(※詳細は画像を参照)です。裁縫不要のため、手軽にできると反響を呼びました。

ハンカチとヘアゴムでマスクを作る方法

これはヘアゴムをマスクの耳ひも代わりにするというものですが、ここ最近ツイッターでは一度使ったマスク(殺菌を推奨)の両端を切り取って、耳の部分を再利用するという方法が注目されています。

(画像は水城涼(@Mb_Fit_2)さん提供)

ツイッターユーザーの水城涼(@Mb_Fit_2)さんが2020年4月3日、

「お客さんに教えてもらった簡易マスク 仕事上必要だからめちゃ助かる 一度使ったマスクの耳の部分捨てずに使うなんて驚きだ」

と画像付きで上記の方法を紹介したところ、7万件を超える「いいね」が押される反響を呼びました。「目からウロコ」「グッドアイデアですね!」などと驚きの声が寄せられています。

(画像は水城涼(@Mb_Fit_2)さん提供)

ほかにも、ストッキングをひもに代用しているとの声や、紐だけでなく、マスクのノーズフィットも再利用しているとの声も。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ