無料の会員登録をすると
お気に入りができます

今すぐ実践♡素敵に年を重ねるための「オトナ女子のたしなみ」5選

女に生まれたからには、きれいに年を重ねて、いくつになっても素敵な雰囲気でいたいもの。今までは深く考えていなかった部分へも気を配ることで、自分の気持ちや行動にも変化が生まれます。自身を美しく輝かせる、25歳を過ぎてからの「オトナ女子のたしなみ」を始めませんか?

PR
提供元: 麒麟麦酒株式会社
2016年12月
ライフスタイル

10年後の自分のための「たしなみ」

素敵な女性になるために

いくつになっても可愛くて、素敵に年を重ねていきたいもの。25歳を過ぎてからは落ち着いた“オトナ女子”の雰囲気も出していきたいですよね。

幅広い知識や教養、趣味を身につけて可愛くて“イイ女”になっちゃいましょう♡そこで、今日から始められる「オトナ女子のたしなみ」を5つ紹介します。

①「お金」としっかり向かい合う

金銭面でルーズになってはダメ

避けては通れない人生設計。いつ何があっても生きていけるように、お金のことはしっかり管理しましょう。「収入と支出」をしっかり管理できていますか?中でも「クレジットカード」は賢く使いたいもの。リボ払いの地獄に陥っているなんてもってのほか。

水道・ガス・電気の公共料金や携帯電話など月額で必ずかかる出費は同じクレジットカードに集約、飛行機によく乗る場合はマイルの貯まるクレジットカードを使うなど役割を明確化して賢く使いましょう。また、無駄遣いをなくすために、家計簿アプリを使って収入と支出を管理するのも良いでしょう。

また、長期的には、将来のことを考えて、投資信託なのか、外貨投資なのか、株式投資なのか、不動産投資なのか……きちんと勉強をして、自分にあった投資の仕方を見つけることをオススメします。

②しっかりと教養を♡スマートな情報収集

スマホやスマートウォッチをかしこく使いこなす

世に出ても恥ずかしくない教養を身につけておくこともオトナ女子の常識です。

昨今は、おしゃれな「スマートウォッチ」も発売されているので活用するのがオススメです。生活の教養として知っておきたい、政治や経済などの社会的動向もプッシュ通知でお知らせしてくれます。

③バッグの中身に、さらなる“配慮”を

口紅は使い分け、素材にこだわったハンカチを

カバンの中身は意外と見られているポイントです。まず最初に「ハンカチ」。食事中の緊急事態などでも使うことが多いですよね。オトナ女子としては、その「サッと」出すハンカチにも抜かりなく!今治タオルなどの素材にまでこだわった、素敵なハンカチをさり気なく使うのがポイントです。

さらに、女性としてこだわりたいのが口紅です。オンとオフで2色用意しましょう。仕事では、目立ちすぎないベージュ風の色を。プライベートでは赤などヴィヴィッドな色を使ってみては?

「オトナ女子のたしなみ5選」続きはこちら
記事に関するお問い合わせ