無料の会員登録をすると
お気に入りができます

焼く工程は一切なし。 超簡単なのに見栄えもいい「黒柳徹子ケーキ」作ってみた。

レシピ

新型コロナウイルスの影響で、自宅で過ごす時間が増えた今、自宅で甘い物を作って、のんびりするのもアリですよね。

でも難易度が高いものや、作る過程が多いものはなかなか面倒......。

そこで今回は、ネット上で通称「黒柳徹子ケーキ」と呼ばれている、超簡単スイーツを作ってみました!

使う材料は3つ

「黒柳徹子ケーキ」とは、「クッキー」、「牛乳」、「ホイップ」のみで作るビスケットケーキのこと。黒柳徹子さんが、1970年代~80年代に放送された音楽番組「ザ・ベストテン」(TBS系)で紹介したことで、ネット上で通称「黒柳徹子ケーキ」と呼ばれるようになりました。

2020年の現在も、ツイッターやインスタには、作ったレポートが多くあがっています。

このケーキの魅力は何といっても、「焼く工程」がないということ。

「これならできるかも!」と思った不器用な記者もチャレンジしてみました。

用意した材料は、森永製菓のビスケット「マリー」、「ホイップ」、「牛乳」の3つです。

作り方は、まずマリー全体を牛乳にサッとくぐらせ、片面にホイップを塗っていきます。

この工程を繰り返し、クッキーとホイップをどんどん積み重ねていきます。

(こんな感じ)

一通りこの作業が終わったら、表面にもホイップを塗ります。

全体に塗り終わったら、ラップで包み、冷蔵庫で3時間ほど寝かせたら完成です。(寝かせる時間は様子を見ながら調整してください)

完成したクッキーのタワーを半分に割ると、キレイな層が出現。これは気分上がります!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ