無料の会員登録をすると
お気に入りができます

無印の手ぬぐい、ネットストアで売切れの人気。見かけたら即カゴへ!

ライフスタイル

無印良品でこの夏から販売されている「注染手ぬぐい」が人気を集めています。

ネットストアではラインアップしている16柄すべてが「在庫なし」(2020年8月19日現在)。

一部店舗とネットストアのみの取り扱いのため、見かけたら迷わずゲットがおすすめです。

夏にピッタリ

「注染」(ちゅうせん)は、職人の手作業による日本の伝統的な型染技法で両面がキレイに染まるのが特徴です。

無印の手ぬぐいは、35×90cmの大きさ。大判のハンカチとしてもかさ張らず、首から掛けて汗を拭くこともできます。

記号的なパターンでシンプルかつおしゃれなデザインの4柄(ちらし・格子・三角・丸)をそろえ、それぞれに各4色が展開されています。

「ちらし」

「格子」

「三角」

「丸」

公式インスタグラムが8月14日に同商品を紹介した投稿のコメント欄には、外で食事する際にエプロン代わりになる、温泉で便利(軽い、すぐ乾く、頭に巻ける)など、手ぬぐい自体の便利さについて言及したものも寄せられました。

好みのサイズにカットしてハンカチや調理用のふきん代わりにする使い方もあるそうですが、暑い日が続く今は、水に濡らして首に巻いたり、夏向けバッグに巻いてワンポイントアイテムとして持ち歩くのもよさそうですね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ