無料の会員登録をすると
お気に入りができます

似合わせポイントは“前髪”に。大人感高まる[最旬ショートヘア]の作り方

ヘアスタイル

暑い毎日で「思い切ってショートヘアにトライしたい!」と感じても、「似合わなかったら取り返しがつかない…」と迷いが生じてしまう方は少なくないと思います。そこで今回は最旬ショートヘアを大人感たっぷりに仕上げる似合わせのポイントを、第一印象を左右する“前髪”に注目して顔型別にチェックしてみましょう。

【丸顔さん】前髪なしor透け感たっぷりの前髪で縦長感を演出

丸みのせいで横幅が広く見えるフェイスラインを縦長に見せるように、透け感たっぷりの前髪もしくは前髪なしのスタイル作りがポイントです。

hair.cm

長めの前髪をセンターパートにするだけで顔の縦ラインが強調され、きれいな卵型に見せてくれます。ナチュラルパーマで少し動きを出して頬やあごなど丸みを強調する部分をさり気なくボカすのも似合わせのポイントです。

おでこを全開にするのに抵抗があるなら、透け感たっぷりに前髪を作りましょう。

hair.cm

感情の動きを表すパーツである眉が見えるように前髪を仕上げることで大人感が増し、表情豊かな印象になります。また、より卵型に近づくためにも全体のシルエットをやや前下がりにするのもポイント。顔の輪郭をカバーしつつ、耳かけなどのアレンジも愉しめます。

【面長さん&逆三角顔さん】ワイドバングやうざバングでサイドのボリューム感UP

“美人顔”と言われる反面、顔の長さや細さにコンプレックスを感じるなら前髪でおでこを隠しつつサイドのボリューム感を高めるのがオススメ。輪郭の特徴をナチュラルに隠せるだけでなく、大人キュートな印象まで演出できます。

hair.cm

横幅を強調するワイドバングで視覚効果で長さが緩和しつつ小顔感もUP。幅広で長めの前髪がフェミニンな印象を一層引き立ててくれます。また、重たい印象になりすぎないように前髪には透け感を出すのもポイントです。

気になる縦の長さをカバーするには“ひし形シルエット”を作りやすいうざバングもオススメ。

hair.cm

前髪を長くして厚みを持たせて表出する顔の面積を小さく見せることができるだけでなく、自然とサイドのボリューム感もUP。また、目元にかかる髪の陰影で大人の色気をグッと引き上がります。

【ベース顔さん&四角顔さん】流し前髪やリップバングで小顔感UP

エラやアゴのラインなどによって少し大顏な印象に見えてしまうベース顔さんや四角顔さんの場合、さり気なくおでこを見せることで小顔感を高めるのが似合わせのポイントです。

hair.cm

前髪を横に少し流して抜け感を演出し軽やかさを演出しつつ、顔周りに毛先の動きを演出してフェイスラインをスッキリ見せるように心がけるだけでOK。視覚効果によって気になる顔の下側から視線を分散させることができます。また、より色っぽい印象を演出するなら、リップの高さぐらいの長めに設定した前髪をゼンターパートで合わせるリップバングもオススメ。輪郭カバーも容易に叶います。

首のラインを美しく見せ、小顔効果も期待できる大人っぽいショートヘアを作るには、顔の輪郭にマッチした前髪作りが似合わせの鍵となります。ぜひ参考に程良くトレンドを採り入れながら、お似合いのスタイルを手に入れてくださいね。<top image出典:HAIR>

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ