無料の会員登録をすると
お気に入りができます

逆に目が小さく見える落とし穴!やっちゃいがちなNGデカ目メイク

マスク生活が続く中、やはり力を入れたいのはアイメイク♡しかし、目を少しでも大きく見せようとアイメイクを濃くしてしまうと逆効果なことも。今回はついやりがちなデカ目メイクのNGメイクとその解決方法を解説していきます。

メイク

NGメイク

NGポイント①:アイライナーでがっつり囲み目

目を大きく見せようとして1番やりがちなのが、黒いアイライナーでがっつり囲み目!

黒で目の周りを囲ってしまうと、目元が引き締まりすぎて逆に目が小さく見えてしまいます。また、目力が強くなりすぎて、キツい印象を与えてしまうことも。

NGポイント②:マスカラの塗りすぎ

まつ毛に長さとボリュームを出そうとして、マスカラを何度も重ねていませんか?マスカラの塗りすぎはまつ毛がくっ付き、抜け感のない仕上がりになってしまいます。

また重さでカールが取れやすくなることも。

OKメイク

では、デカ目メイクの『OKメイク』とはどのようなものでしょうか?解説していきます!

OKポイント①:アイライナーはブラウンをチョイス!

抜け感のある目元を作るためにはアイライナーはブラウンをチョイスしましょう。基本的にまつ毛の際を埋めるだけでOK。

目尻のみ少しオーバー気味にラインを引くと、目の横幅を広げることができます。

OKポイント②:アイシャドウの締め色を使って目を大きく♡

先程目尻に引いたアイライナーの上に締め色を重ねて、境界線をボカすとよりナチュラルな仕上がりに♡

また、下まぶたの目尻側にはアイライナーの代わりに締め色を。自然に大きな目に見せることができます。

OKポイント③:マスカラはセパレートタイプをチョイス!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ