無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ファン歴30年が選ぶ 東京ディズニーランド新エリアで食べるべき「めちゃうまフード」BEST5!

グルメ

2020年9月28日、東京ディズニーランドに、いよいよ史上最大規模の開発エリアがオープンします。

映画「美女と野獣」の世界観が広がるエリアや、「ベイマックス」の新アトラクション「ベイマックスのハッピーランド」など、ゲストに新たな体験を提供します。

25日の報道公開には、毎年10回以上は東京ディズニーリゾートに通っている東京バーゲンマニア編集スタッフも参加しました。

ファン歴30年以上の"TDRマニア"が、新エリアの新作フードの中から、"これは!"というベスト5を紹介します。新エリアをくまなくチェックしたマニアのお気に入り5つとは......?

映画の中にどっぷり浸って

第5位:BBポップコーン クッキークリームポップコーン/ ビッグポップ

パーク初のポップコーン専門店です。トゥモローランドにふさわしく宇宙をテーマにした内装です。

天井にはポップコーンをイメージしたライトがありとてもキュート。並ぶ列の間にポップコーンバケツの展示があり、待っている間に商品を選ぶことができます。レジ下にもたくさんのポップコーンが展示されているので要チェックですよ!

ここで買える「BBポップコーン クッキークリーム」(500円)は、ココアのビターな苦味とクリームの甘さがちょうど良く、甘さ控えめで少し苦味も感じる、大人の風味です。

形が丸く、味がしっかりしており、従来のポップコーンよりも濃厚ですが、たくさん食べても飽きない味なのでぜひお試しを!

第4位:ベリーチアーズ/ ラ・タベルヌ・ド・ガストン

映画「美女と野獣」に登場するガストンの酒場をモチーフにしたレストラン。映画に登場する酒場のシーンの装飾などが忠実に再現されていて、レストランで食事をするだけでも、映画の中に入ったような感覚になります。

4位はここで飲める「ベリーチアーズ」(450円)です。

生クリームと炭酸の組み合わせが新しいソフトドリンク。爽やかなベリー味の炭酸ジュースで、上に乗ったホイップクリームが味に柔らかさをプラスしています。甘すぎないので飲みやすいです。ディズニーリゾートでは今まで体験したことのない味でした。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ