無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お腹&二の腕ほっそり“太りにくい体”へ。1日5回[上半身の引き締め]が叶う簡単習慣

ビューティ

パッと見の第一印象がとても大切ですが、真っ先に視界に飛び込む上半身は特に華奢感がほしいところ。そこで習慣に採り入れたいのが、上半身やお腹の引き締め効果を一挙に得られるピラティスの簡単エクササイズ【プッシュアップ】です。体幹も一段と強化できるので、続けるほどに“太りにくい体”を目指せます。

【プッシュアップ】

ひざを床に着いた状態で呼吸を連動させた腕立て伏せを行うエクササイズです。お腹周りの引き締め効果も期待できます。

(1)床にうつ伏せに寝そべり、床に両ひざを着いたまま両腕を立てる

▲このときお腹を凹ませます

(2)息を吸いながらお腹を後傾させるイメージでひじを曲げ、息を吐きながらひじを伸ばす

▲お腹を凹ませた状態をキープします

これを“1日あたり5回を目標”に実践します。なお、期待する効果をきちんと得るためには「肩から膝のラインを一直線にキープすること」がポイント。実践時に肩甲骨付近が盛り上がっている(下写真左)、お腹の位置が床の方に落ちている(下写真中)、お尻の位置が上がっている(下写真右)にならないように注意しましょう。

▲ひざから上が一直線の状態でないと期待する効果は得られません

ピラティスのエクササイズは「正しいフォームで実践すること」、「動きと呼吸を連動させること」の2つが重要とされています。最初は無理をせず正しいフォームと呼吸で目標回数を達成することから始めて、上半身の引き締めと理想とする太りにくい体作りをめざしていきましょうね。<photo:カトウキギ ピラティス監修:SHIERI(ゼロヨガ インストラクター/インストラクター歴5年/トレーナー派遣アプリ「セレクトコーチ」認定コーチ)>

ゼロヨガ インストラクター
「セレクトコーチ」
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ