無料の会員登録をすると
お気に入りができます

こなれ顔には今っぽ眉が必須♡ニュアンスカラー&今っぽシェイプの垢抜け眉の作り方

色んなヘアカラーを楽しむ今、オレンジメイクやピンクメイクなど、ヘアスタイルに合わせてカラーのアイシャドウを使ったメイクをする人も多いのでは?でもメイクが浮いている気がする…。その原因の1つは眉毛がいつもの眉のままだからです。今回はすぐに実践できる「今っぽニュアンスカラー眉毛」の描き方をご紹介します。

メイク

眉毛の毛量が多い人、毛がしっかりしている人は眉脱色から始めよう

眉の毛量が多い人や毛がしっかりしている人は、眉にニュアンスカラーを入れた時に、眉毛自体の黒い色が目立ってしまいます。

そんな時は市販されている「うぶ毛脱色剤」を使って眉毛の脱色をします。毛の色素が薄くなることで、ニュアンスカラーの発色が良くなります。

眉毛の質感も今っぽさを出す

ニュアンスカラーを足す場合は、「ふんわり太眉」にするのがポイント!細くて角度が付いた眉毛に色味を足すとキツイ印象になるので要注意です。

ふんわりさを出すポイントはベース作りから。ファンデーションをあまり塗らない人はフェイスパウダーを眉毛にのせて、アイブローパウダーが貼りついたようにならないようにしましょう。

そして、アイブローパウダーもアイブローペンシルも強く擦らないようにふわっと描くことが大事です。

眉毛のシェイプで今っぽさを出す

太眉にしたいけれど、どこをどう足せば良いのか分からない場合は、眉毛の角度と目と眉毛の間の距離に注目しましょう。

眉毛の角度が付いている場合は、眉頭の上側、眉山の下側を描き足すだけで、角度の緩やかな太眉にできます。

描き足す範囲は、眉毛と目との距離を確認し、距離が広い人は下側を、距離が狭い人は上側に描き足す範囲を広くするとバランスが良くなります。

目と眉毛の距離が広い人は老け顔、狭い人は堅い印象の顔に見えやすいので注意しましょう。

アイメイクに使ったアイシャドウを眉毛にON!

眉毛がある人は、眉毛を描き始める前に、アイメイクに使ったアイシャドウを眉毛ブラシでふんわり乗せます。

眉毛の少ない人は、眉毛をアイブローペンシルやアイブローパウダーで描き終わってから、アイメイクに使ったアイシャドウを眉毛ブラシで入れます。

これでほんのりニュアンスカラーが入り、アイメイクとのなじみがとても良くなります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ