無料の会員登録をすると
お気に入りができます

下半身ダイエット効果UP◎ 太もも痩せの鍵[柔らか股関節]に導く簡単習慣

ビューティ

「努力してるのに太ももが細くならない…」と悩んでいる方は少なくないと思いますが、その原因が“股関節の硬さ”にあるかも知れません。股関節が硬いと骨盤のゆがみや姿勢の悪化など様々な影響を及ぼすだけでなく、下半身の筋肉の動きが鈍くなり痩せにくい状態に陥ってしまうもの。そこで習慣に採り入れたいのが、太もも痩せの鍵とされる“柔らか股関節”に導くヨガの簡単ポーズ【カポタアーサナ(小鳩のポーズ)】です。

【カポタアーサナ(小鳩のポーズ)】

(1)床の上に座り、片脚を膝を曲げて体の前に、もう片脚を膝を曲げて体の後方に置く

(2)後方の脚のつま先を腕に引っ掛ける

(3)(2)の状態をキープし、もう片方の腕で胸を突き出すようなイメージで、つま先を引っかけている腕をつかむ

(4)(3)の姿勢を腹式呼吸をしながらゆっくり3呼吸(約30秒間)キープする

反対側も同様に行います。なお、期待する効果を得るためには、ポーズのキープ時に「視線を上方に向け、背中をまっすぐに立てて胸を開く」ことがポイント。

視線が下を向いて背中が丸まっている状態(上写真)にならないように注意しましょう。また、もし脚を腕に引っ掛けられない方は、簡易なやり方として(2)を省略してOKです。脚を下ろしたまま上半身のみ胸を開く形(下写真)で実践してみてください。

リラックス効果も高いカポタアーサナ(鳩のポーズ)は就寝前などのくつろぎ時間に実践するのがオススメ。実践し続けることで股関節の柔軟性が徐々に増していくだけでなく、固まった肩甲骨周りをほぐす効果もあるので、上半身のスタイルアップや二の腕の引き締めにも効果を期待できます。ぜひ日々の習慣に取り入れて全身のスタイルアップに役立ててくださいね。<photo:Akihiro Itagaki ヨガ監修:TOMOMI(ゼロヨガ インストラクター/インストラクター歴3年。サップヨガなど多様なレッスンが好評を呼んでいる)>

TOMOMI
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ