無料の会員登録をすると
お気に入りができます

2020冬トレンドを先取り[ボブ&ショートボブ]なりたいイメージの作り方

ヘアスタイル

お手入れやお出かけ前のセットがラクちんなだけでなく、カットや髪色、前髪、スタイリングなど、ポイントを置くところを変えるだけでなりたいイメージに即近づけるのが【ボブ&ショートボブ】の魅力。それでは冬に向けてお洒落をアップデートさせるためにも、旬なスタイル作りのポイントをチェックしておきましょう。

(1)スタイリング幅が広がる!ボブは“結べる長さ”をベースに

ストレートやウェーブなど髪の表情、毛先のニュアンスなど、ほんの少しの変化で印象が大きく変わるボブ。冬に向けてイメチェンを図るなら“結べる長さ”のレングスでベースとなるスタイルを作りましょう。無造作に1つに結んだときもこなれ感たっぷりに仕上がるので、飽きのこないスタイル作りが叶います。

hair.cm

こちらはシースルーバングと顔周りのレイヤーを繋げた小顔効果も抜群なシンプルスタイル。髪を下ろしたスタイリングの際はコテやストレートアイロンで外ハネ、内巻きミックスにすして毛先にほつれ感を出すことでこなれた雰囲気に仕上がります。

(2)エアリーな丸みシルエットのショートボブできちんと感UP

丸みのあるシルエットでエアリーな雰囲気に仕上げたショートボブはきちんと感の欲しいシーンに最適。ただし、顔の出る面積が広めのスタイルなので、こめかみ周辺を髪で隠して小顔感を演出するのがお約束です。

hair.cm

エアリーな丸みシルエットを作るコツは、コテやカーラーで髪の根元をしっかり立ち上げて、空気を入れるようにスタイリングをすること。その際にふんわりとした質感を強調できるスタイリング剤を使うと理想通りに仕上がります。また、全体的にストレートアイロンで表面を整えつつツヤ感を強調して大人感をキープするのもポイントです。

(3)おしゃれ度UPを狙うなら“チラ見せインナーカラー”が◎

おしゃれに差を付けるなら、耳にかけたときにちらりと見える“インナーカラー”でトレンド感を高めるのがおすすめです。

hair.cm

ふとした瞬間に中に仕込んだインナーカラーがチラ見えするだけで、おしゃれ上級者な雰囲気に。全体がダークトーンの髪色ならアクセサリーのような存在感を演出できます。

ボブ&ショートボブはアレンジ幅が狭いと思われがちですが、レングスやシルエット、さらにはスタイリングや髪色の一工夫だけで新鮮な印象作りができます。ぜひ冬に向けてのおしゃれアップデートの参考にしてみてくださいね。<top image出典:HAIR>

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ