無料の会員登録をすると
お気に入りができます

30歳からのデカ目メイクの新常識♡オトナ女子のアイメイクで気をつけるべきポイント

こんにちは!RENAです。30代になると、20代の頃のようにデカ目効果を狙った盛りすぎたアイメイクは卒業して、上品なナチュラルアイメイクにシフトしていく方も多いですよね。でもやっぱり目は大きく見せたいという方向けに、30歳からのデカ目メイクをする上で気をつけるべきポイントをご紹介していきます。

メイク

ポイント1:アイメイクのヨレを防ぐ

時間が経つとまぶたにアイシャドウが溜まったり、アイライナーがにじんだり…なんてことありませんか?

アイメイクがヨレてしまっていてはせっかくのメイクも台なしですよね。特にオトナ女子はメイクがヨレると一気に品がなく見えてしまいがちです。

そんな事態を防ぐには、アイメイクをする前にルースパウダーを目元にサッと塗るだけでヨレ防止になります。

ルースパウダーをフェイスブラシに軽くつけ、ティッシュオフしてから目元にサッと塗るとアイメイクの持ちが格段によくなります。

ポイント2:アイシャドウベースを仕込んで発色感アップ

アイシャドウベースはアイシャドウの仕上がりをよくするためだけでなく、目元のくすみを飛ばしてくれる効果もあります。

使用するコスメ

NARS スマッジプルーフ アイシャドーベース

NARSのアイシャドベースはチップタイプなのでまぶたにそのまま塗ることもできますが、手の甲で調節しながら指でぽんぽんとぼかすように塗ると綺麗に仕上がります。

ポイント3:アイシャドウは横幅を意識して広範囲にいれる

アイシャドウはブラウンベースであたたかみのあるカラーを使用すると、ナチュラルでやさしげな目元になる上に、デカ目効果も得られます。

使用するコスメ

キャンメイク シルキースフレアイズ 03

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ