無料の会員登録をすると
お気に入りができます

“あざとさ”はもう古い!? 神崎恵、5つの「色気」新ルール

その生き方に“リアルな色気”を体現し続ける美容家・神崎恵さんが思う、今の時代の色気とは?

美容

「単純に“あざとさ”を仕込むのは、古いかなって思っていて。今っぽい色気は、ひと昔前の夕刻から深夜にかけて生まれてくる濃厚でねっとりしたものではなく、透明感に満ちた爽やかな朝のようなもの。内面から溢れる知性、清々しい印象など、全方位からにじみ出る“人間性の表れ”だと思います」(神崎さん)

“色気の正体”はとらえどころがなく、目に見えるものではないが、色香を漂わせるためのマインドづくりや佇まい、写真の撮り方といったテクニックなどで、誰もが育てることができ、身につけることができる、と神崎さんは言う。

神崎恵さんが考える今ドキの色気とは?

Rule1 外見にとらわれすぎない、知性ある色気が今ドキ。

「外見の美しさも大切だけど、それだけにとらわれてしまうと、とたんに軽々しく表面的になってしまう。大人の色気とは、知性だったり、ひたむきさだったり、しぐさだったり、いろんなものが重なって初めて生まれてくるもの。トータルのバランスが大切」

Rule2 色香を生む心の余裕には、日々の“カゲ練”が大切。

「急ごしらえの色気は薄っぺらいだけだし、狙ってやると失敗しがち。勝負の日だけに頑張るのではなく、数週間前からその日に着る服装やメイクで過ごし、マインドを整える“カゲ練”が必要です。日々の生活の中で、空気感やしぐさをカラダに染み込ませて」

Rule3 好きなメイクやファッションで女性であることを楽しんで。

「色気なんて自分には縁がないと思っているなら、もったいない。“いかにも”な女感は確かに古いですが、女性に生まれたからにはやはりメイクやファッションを楽しんでほしい。映画やSNSから自分が好きなものを見つけて取り入れてみることから始めてみて」

Rule4 色香がある人は“人たらし”。男女の境界線を引かない。

「私が思う最強の色気って、男女問わずモテている人。色気を異性だけに対して向ける、ねちっこいものではなく、自然に纏っている人。男女問わず、いいと思ったところは素直に褒めることができるから好かれる。生き方、他人への振る舞い方が色気の要素です」

Rule5 色香って究極、“自分への自信”。育てるために行動しよう。

「色気は自信! 自信を持つためには、外見を磨くなり、仕事に打ち込むでもいい。自分が納得できるまで極めれば、自信がついてきて、魅力や色気になると思います。最初は無理にでもいいから、何か行動してみて。怖がって縮こまっているだけなんて、もったいない」

神崎 恵さん 美容家。独自の美容法はもちろん、そのマインドやライフスタイルにも注目が集まり、多数の雑誌連載を抱える。放送中のドラマ『だから私はメイクする』(テレビ東京系)では女優としても活躍。初のボディ本『神崎CARE』(ワニブックス)が発売中。

※『anan』2020年11月25日号より。取材、文・岡井美絹子

(by anan編集部)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ