無料の会員登録をすると
お気に入りができます

マスクしててもチークで変わる!輪郭別♡おすすめ「垢抜けチーク」の塗り方

メイク

顔の血色を良く見せて明るい印象を叶えるチークですが、実は顔の輪郭の形で印象が変わるのを知っていますか?自分の顔の形に合ったチークの塗り方をするだけで、垢抜け顔になれるんです♡今回は、おすすめの垢抜けチークの塗り方を顔の輪郭別にご紹介。ポイントを押さえて、お顔の魅力をぐんとアップさせちゃいましょう!

輪郭に合った垢抜けチークで誰でも可愛くなれる♡

いつものメイク、なんとなくチークを塗っている大人女子も多いはず。さらに今はマスクをしているから…とチークを省略しちゃってることも…。

でもそれ、もったいない!

顔の輪郭に合ったチークをすれば、ぐんと垢抜けた印象になり、魅力もアップしますよ!

今回は、「丸顔さん」と「ベース型さん」、「面長さん」、「逆三角さん」の4つの輪郭別におすすめの垢抜けチークの塗り方をご紹介します。

ご自身の輪郭タイプをチェックして、魅力を引き出すチークの塗り方を参考にしてみて。

丸顔さんにおすすめの垢抜けチークの塗り方

丸顔さんは、頬骨あたりを中心に、チークを楕円に入れるのがおすすめ。すっきりとした印象にしたいなら、トレンドのブラウン系チークを使うとGood◎

さらに頬の中央のみに同系色のハイライトをのせると、自然なメリハリが生まれて小顔効果を得ることができますよ!

ベース型さんにおすすめの垢抜けチークの塗り方

ベース型さんは、頬のエラを目立たせないようにチークを塗っていくのがポイント。

頬の黒目の下から斜め上に引き上げるようにチークをのせると、視線を上に誘導させてエラが目立ちにくくなります。

発色が比較的しっかりしたカラーのチークをチョイスすれば、目線誘導効果がさらにアップしますよ!

面長さんにおすすめの垢抜けチークの塗り方

顔の真ん中より下にチークの色が出ると、顔の縦ラインがさらに強調されてしまう面長さん。

そんな面長さんは、チークを顔の横半分より上にふんわりと入れるのがポイント!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ