無料の会員登録をすると
お気に入りができます

薄眉さんは絶対やって!まゆ毛が少ない人向け「垢抜け眉作り」のコツ

メイク

そして全体がふんわりするようにパウダーを重ねます。

リキッドとパウダーの二つの質感を使い分けるだけで、のっぺり眉を解消できますよ!

キャンパスに立体的な絵を描くように、眉毛のない人はアイテムを使い分けて眉を作りましょう。

ブラシの動かし方を変えてみよう

ブラシを使ってパウダーを乗せるときは眉を描くときのブラシの動かし方を意識してみてください。

眉を描くとき眉頭から眉尻ヘ向かって一方方向で描くと毛のある部分の下など、必ず埋まっていない場所が出てきます。

顔は左右・いろんな角度から見られています。メイクするとき正面から見てしっかり埋まっていると思っても、角度を変えて見てみると穴が空いたように見えることもあります。

眉を描くときは一方方向にではなく、ギザギザに、左右へ動かして毛の下など眉全体を埋めるようにしましょう。

眉メイクが完成したら再度いろんな角度から見てまだら眉になっていないか確認します。

正面・左右・上下と鏡を動かし、どの角度から見ても穴が空いていないか、まだら眉になっていないか見てみましょう!この確認を最後にするだけでも描き忘れた部分を見つけられます。

立体的な眉の作り方のコツ、わかりましたか?

眉毛の少ない人はのっぺり眉になりがちなので、立体的にすることを意識してみましょう!最初はうまくいかないと思いますが、何度も描いていくとうまく描けるようになりますよ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ