無料の会員登録をすると
お気に入りができます

正しい「夏シャンプー」って? 5ステップを毛髪診断士が伝授!

汗をかくからと神経質に洗いすぎると頭皮や髪がダメージを受けることが。一方、洗い方が中途半端なのも頭皮トラブルの原因に。髪のスペシャリスト、美香さん直伝の正しい洗い方をマスターして、快適な地肌と毛先までツヤめく洗い上がりを手に入れて。

ヘアスタイル

シャンプーは、頭皮を指でもみ洗いして、きちんとすすぐことが大切。「コンディショナーは中間~毛先になじませるだけで十分です」(毛髪診断士・美香さん)

洗い方5つのポイント

1.クッションブラシでブラッシング
頭を起こした状態で頭頂部から毛先へ、頭を前に倒して襟足から毛先へブラッシング。頭皮の汚れを毛髪に移して、洗い流しやすく。

2.週に1~2回はオイルでディープクレンジング
頭皮用オイルを手のひらにのばしたら、指の腹で地肌をマッサージしながら頭皮全体に満遍なく行き渡らせて、毛穴の汚れを浮かせて。

3.頭皮をこすらず、もみ洗い
一度手のひらにシャンプーを広げてから、指の腹で頭皮を押しマッサージする要領でもみ洗い。髪には泡をなじませる程度でOK。

4.湯シャンを、最低でも1分!
まずはお湯だけで頭皮と髪に付着した汚れを洗い流す。シャワーでおでこの生え際から流したら、頭を前に倒して襟足部分も流す。

5.襟足を触ってスッキリするまですすぐ
おでこの生え際や耳の手前など、あらゆる方向からシャワーをかけて洗い流す。襟足を触ってキュキュッとしたらすすぎ完了のサイン。

クッションブラシ

右から、クッション性が心地いい。適度な刺激で血行も促進。マペペふかふかクッションのパドルブラシ¥1,200(シャンティ TEL:0120・56・1114) 大きめのクッション面が魅力。とかすだけでまとまりよく。ラ・カスタ ヘッドスパ アラトギブラシ¥2,500(アルペンローゼ TEL:0120・887572)

プレオイル

右から、椿油100%。頭皮の汚れを浮かす。大島椿 40 ml¥1,100(大島椿 TEL:0120・457・178) 毛穴の汚れや詰まった皮脂をディープクレンジング。保湿力の高さも嬉しい。ザ・プロダクト スキャルプリバイタライザー 25ml¥2,500(KOKOBUY TEL:03・6696・3547)

重炭酸シャワーヘッドで毛穴までスッキリ。

重炭酸タブレットを入れたシャワーヘッドですすぐと、毛穴に詰まった汚れも簡単に落とせる。手触りがソフトに。右から、プレミアムホットタブ重炭酸湯 Bio 10錠¥1,000 重炭酸 Bio イオンシャワー¥9,800(ホットタブ重炭酸湯 TEL:0120・816・426)

美香さん 毛髪診断士。モデルや女優も足繁く通う青山のヘアサロン『AMATA』のオーナー。美髪の伝道師として名高い。

※『anan』2018年5月16日号より。写真・熊木 優(io/モデル) 恩田はるみ(商品) スタイリスト・仮屋薗寛子(モデル) 郡山雅代(STASH/商品) ヘア&メイク・George モデル・玉紅 イラスト・STOMACACHE 取材、文・石橋里奈

(by anan編集部)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ