無料の会員登録をすると
お気に入りができます

江原啓之さんに訊く!「40代の開運の導き方とは?」

ライフスタイル

「ファッションに気を配り、自分を見つめると、40代の運気は磨かれていく」……!?

新しい年を迎え、前に進むために日々の生活でどんな行動をし、何を意識すべきか、降りかかる事柄をどう受け止めれば良いか、STORY世代の開運の導き方を江原啓之さんにお伺いしました。

★Advice① ファッションは日常で容易にできるお守り

運気は自分がどういう状態かで変わってきます。常に自分を客観的に見ることが大事なのです。

そこで持ち歩くといいのが「鏡」。鏡には悪い気を跳ね返す意味もありますが、鏡を見るという行動で自分が険しい顔や疲れた顔をしていることに気づき、我に返り正気を保つことができます。

ファッションに気を使うということも、鏡を見ることと同じように自分自身に目を向けるということ。パワーがない時には色彩の力で奮起する赤の服を着たり、上質な服を着ることで、自分を立て直すこともできる。

オシャレに無頓着だと自分自身、ひいては人生にも無頓着になりがち。ファッションは自分の心を立て直すお守りです。スピリチュアルは魔法ではなく、日常の些細な行動で運気が良い方に向くことなのです。

★Advice② 2020年に起きたことの結果が見え、それが天からのメッセージ

2020年、キーワードとして「破綻と崩壊」と伝えていた私自身もコロナ禍まではちょっと予想外でした。これまでの経済至上主義や物質的価値観というのが大きく変化する時代。生きていくうえで本当に大切なものが何かを見つめ直す時が来たのです。

2021年のキーワードは「天啓」。起きる事柄の全てがメッセージなのだと実感することになるでしょう。

天啓は今までの自分の生き方や考え方によって楽・破滅・諦め・仕切り直しの4パターンに分かれます。例えば、コロナ禍をきっかけに働き方を変え「楽」になった人、蓄えや覚悟がなく「破滅」となってしまった人、「諦め」のきっかけとなった人、今までの生活の「仕切り直し」ができた人。それが結果であり天からのメッセージなのです。

結果を「破滅」と捉えるか「楽」と捉えるか、解釈は自分次第。学校に通えない時間を嘆くか、特別な時間と捉え有効に過ごし何かを得るか。少しの遠回りで焦らないこと。オンラインという文明の利器にも助けられ郊外に住む人も増えました。人生に無駄な経験はありません。結果を良いきっかけと受け止めて、自分にとって何が幸せかを考え、自分自身が変わっていくことも大切です。

<2021年は 結果の「果」が 見える年に> ★仕切り直し or ★諦め or ★破滅 or ★楽

★Advice③「衣・食・住・医療」それさえあれば心配はいりません

これからの時代は幸せの実感も二極化していきます。

あくまでも物質的な豊かさに執着する人と精神的な豊かさを求める人。こんな世の中をどう生きればいいのかと不安視する人も多いのですが、生きていくうえで必要な衣・食・住・医療だけを考えればいいのです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ