無料の会員登録をすると
お気に入りができます

毎日どんよりしてない…? 「悩み」がゼロに! すぐ実践できる「考え方」

ライフスタイル

今、悩みはありますか? 人間関係、仕事、家庭・・・さまざまなところに悩みの種があり、毎日苦労されている方もおられるかもしれません。ですが、少し思考や行動を変えるだけで、誰しもが悩みをゼロにすることが可能になります。今回は、体や心の生活習慣改善を指導する、ナイトケアアドバイザーの小林麻利子が、悩みを無くす方法をご紹介します。

文・小林麻利子

【小林麻利子の美人の作り方】vol. 126

「悩み」は解決しないが、「考える」と必ず解決への道ができる

悩みというのは、頭で思いめぐらせ、どうしたらよいものかとぐるぐると渦を巻いている状態です。この状態では、解決のための具体的な対策に踏み込めず、いつか仮に解決できるとしてもかなりの時間を要します。

しかし、なぜ悩んでいるのか深堀して「考え」、それを解決する方法をたくさん用意することで、必ずゴールへの道ができます。つまり、きちんと考えることで、ただ悩んでいるだけよりも、素早く解決することができるのです。

「悩み」から「考える」にシフトしよう

まずは、その場に立ち止まって悩むのではなく、どうやったら解決できるのかを考えることが重要です。よく、悩みは解決しないから、悩みを忘れよう気にしないようにしようと、別の行動で紛らわせたり、時が過ぎ去るのを待とうとする方もいらっしゃいますが、気にしないようにしようとするほど気になるのが人間です。

イライラや悲しい、憂鬱感などの感情は、やめよう無くそうと思っても、消え去るものではありません。無理やり、その感情を抑えるのではなく、その感情にたどり着いた事柄を1つ1つクリアしていくことが大切なのです。

悩みの元を低減する

まずは、悩みの元を小さくする、それができなければ無くす対策を行います。悩みの元が、例えば、長時間残業であれば、どうやったら長時間残業がなくなるのか、できるかできないかは別として、できる限りたくさんの対策を考えて箇条書きで書いていきます。

時間を上司に交渉する、体が不調なら病院で診断書を書いてもらい提出する、仕事量を減らすために先輩に交渉する、夜ではなく朝に仕事をする……など、思いつくままたくさん書いていき、できそうなことから1つずつ実践していきます。失敗したら、次の対策を行っていけばいいのです。

それでもその悩みの影響による体調不良が治らなかったり、1つ1つ行った交渉が失敗に終わり、手段がなくなったときは、次の手として、退職、転職、別居など、悩みを無くす行動を行えばよいのです。これらは逃げではなく、「自分を守るための正しい行動」です。

自分の適応力をアップする

悩みの元の低減と同時に行っていただきたいのが、自分の適応力のアップです。先述の通り、心に出た負の感情を無理やり抑えようとするのではなく、体に出た一時的な不調を緩和するための行動をとります。

まずは、悩みがふっと心に宿ったときに、体のどこでもいいので叩きながら「私は今、ストレス状態にある」と自覚します。自覚しなければ、それが当たり前の症状となり、蓄積すれば体にさまざまな影響を与えてしまいます。

ただ心の中で思うだけでなく、体を叩いたり、声に出したりと、体に刺激を加えることで、今の状況はただごとではない、具体的に体や心を修復しなければと自覚させることが大切です。

鼻から吸って、息を充満させた後、口からゆっくり吐く。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ