無料の会員登録をすると
お気に入りができます

眉メイクが苦手な人必見♡眉のスペシャリストが教える「今っぽ平行ストレート眉の描き方」

メイク

眉ペンシルで外枠をつくる

眉を描き始める前に、前述にもあったバランスをとっていきます。

眉ペンシルを使ってこの2点に印をつけます。この印は後ほど消すものなので、見失わないくらいの濃さと大きさなら大丈夫です。

印をつけ終わったら、眉尻からメイクします。

まずは眉頭と眉尻を同じ高さにするために、必要な部分を眉ペンシルで描いていきます。

一筆描きのように一気に描こうとすると描きにくいので、毛を1本1本描き足すようにすると描きやすくなります!

眉尻の下のラインが描き終わったら、眉山と眉尻の点と点を繋いでいきます。

ここまでの工程で平行ストレート眉の外枠ができている状態ですが、もしご自身の眉にまだ足りない部分があれば、前述したポイントを押さえながら描き足してください。

眉パウダーで色をつける

色をつける際に眉パウダー使うと、描いた感が少なくふんわりした眉に仕上げやすくなります。

眉パウダーを眉頭からメイクしている方が非常に多いのですが、個人的には眉尻からパウダーをのせていく方がおすすめです。

斜めカットのブラシを使って、毛と毛の隙間を少しずつ埋めていき、先程描いたペンシルを軽くなぞって描いたところをぼかすと、より自然な仕上がりになります。

次は眉頭を色付けていきます。

ここで皆様にお聞きしたいのが、いつも眉頭、濃くなりませんか?

この質問に深く頷いた方におすすめしたいメイク方法があります。

それは、筆の動かし方を変えてみること。眉頭からパウダーをのせるのではなく、中間から眉頭に向かって動かしてみてください。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ