無料の会員登録をすると
お気に入りができます

もはや別人?!アイシャドウの塗り方でこんなに変わる♡アイメイクの方法12選

メイク

アイメイクの印象を左右するのはアイシャドウ!

メイクの仕方によって大きく印象が変わりますよね!その日の気分やお洋服、ヘアスタイルなどに合わせてメイクを変えるのもたのしみのひとつ。

特に最近はマスク生活が続いているので、アイメイクは重要です。今回は今っぽいアイシャドウの塗り方を12パターンご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね!

今っぽアイシャドウのパターン12選

1.横割りグラデーション|アイシャドウの定番

① 明るい色をアイホール全体、中間色を二重幅に入れる。

② 締め色は目のキワに。境目は何も塗っていないブラシでぼかしましょう。

アイシャドウの塗り方として一番定番な横割りグラデーション。自然に目の縦幅を大きく見せてくれますよ。

2.縦割りグラデーション|横幅を大きく見せるならコレ

① 明るいカラーを黒目の上あたりまで入れる。

② 上下の目尻に濃いめのカラーをオン!色の境目はしっかりぼかしましょう。

縦割りグラデーションも定番の塗り方ですね。こちらは目の横幅を大きくみせてくれます。アイシャドウのカラーを目立たせたいときにもおすすめです。

3.下まぶたにしっかり|顔の縦幅が短く見える

① アイホールと下まぶた全体に明るい色をのせます。

② 下まぶた目頭から、目尻までアイシャドウのメインカラーを入れ、さらに目尻に締め色を入れます。

下まぶたを強調すると、顔の縦幅を狭く見せることができます。まぶたの形に左右されないので、一重の方にもおすすめな塗り方です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ