無料の会員登録をすると
お気に入りができます

人気ブランドの春リップ9種類をつけ比べ。タッチアップがしにくい今、つけたときの発色を参考にして!

メイク

withマスク時代だからこそ、心に効く口紅でキレイになりませんか? スーパーバイラーズの青山麻穂さんに、春の新作リップを、レッド、ベージュ、ブラウン別につけ比べしていただきました。気になるレビューをチェックしてお気に入りの一本を見つけて!

【Empowering Red】

1.アディクション リップ オイル プランパー 006

血色と透明感を添えながら唇をふっくらトリートメント
縦ジワをさりげなく目立たなくさせ、ぷっくりボリュームをかなえるプランプオイルを配合。シアーな発色なので、もともと唇に色みがある人におすすめ。¥3300/アディクション ビューティ

2.レ・メルヴェイユーズ ラデュレ リップカラー 11

はつらつとした笑顔が似合うチェリーレッド
オイルをバランスよく配合しているので、透け感がありながらも、きちんと色がとどまり美しい発色が持続。ワンストロークで、まるでコーティングするような化粧膜を完成。¥3520(4/24発売)

3.コスメデコルテ ティント リップグロス 11

ジュワッと染め上げ黄み寄りレッドをキープ
唇本来の血色を引き立てるように、優しく染め上げるティントタイプ。青みに偏りがちなティント系も、このカラーは黄み寄りのレッド。ベタベタせず、サラッと軽いテクスチャーが続く。¥2970

【Tender Beige】

1.ヴィセ アヴァン リップスティック 034

なめらかにのび広がるちょい甘ミルキーベージュ
小回りの利くスティックタイプで、スルスル塗れるクリーミーなテクスチャー。やや白みがかったミルキーベージュで、可愛らしさも洒落感もかなえるコスパのよさ。¥1760(編集部調べ)/コーセー

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ