無料の会員登録をすると
お気に入りができます

“返信を遅くする”のはNG…!? 「有名な恋愛テク」に対する男の本音4選

恋愛・結婚

「返信をあえて遅くする」のは…

「こっちからLINEで連絡をしたときになかなか返信が来ないと、“嫌われたのかな”って思っちゃいますね。返信が遅いと相手のことが気になる時間は多いけど、自信を無くすこともあります」フジオ(仮名)/28歳
「僕は相手からの返信が遅いと、別の女性を誘っちゃうことも。相手のことが本気で好きなら話は別だけど、そうでないなら待たないことが多いですね」シュウ(仮名)/25歳

返信を遅くすることで期待できるのは、“焦らし”の効果です。相手を焦らすことで、あなたの存在を意識させるのが狙いでしょう。

ただ、あまり焦らし過ぎると「自信を無くす」という意見や、「待っていられない」という意見も。ですから、返信を遅くするのもほどほどにすべきかもしれませんね。

「ボディタッチを多めに」は…

「女性にカラダを触られると、嫌われてはいないんだろうなと思います。また、頻繁に触られるとなると、“僕のことが好きなのかな”と思うことも。そこから相手のことを意識することもありますね」リヒト(仮名)/24歳
「あまりにボディタッチが激しいと、きっと他の男性にもやっているんだろうなと思っちゃいますね。“もしかして軽いのかも?”と思い、ちょっと引いてしまうことも……」ケン(仮名)/28歳

ボディタッチには、心理的にも肉体的にも相手との距離を縮める効果があるでしょう。

ただし、やりすぎると“他の男性にもしているのでは?”と思うこともあるようです。

「ギャップを見せる」のは…

「職場に、ちょっと怖い印象の女性の上司がいるんですね。でも、その女性が飲み会とかで酔っている姿はどこか弱々しくて、可愛いなと思ってしまいます」ユウタ(仮名)/30歳
「かなり綺麗好きな女友だちと、よく飲みに行くんですね。けれど、ちょっと汚いようなお店に行っても、特に抵抗もなく、楽しそうにしてくれるので好印象ですね」ショウタ(仮名)/24歳

ギャップを見せるのは、相手にいい印象を与えたい場合に有効な手段とも言われています。

一方で、“マイナスのギャップ”というものもあります。例えば、「普段は気さくでよく話しかけてくれるのに、デートではスマホを見てばっかりで話が盛り上がらなかった」というケースも。

「ライバルの存在をほのめかす」のは…

「好きになった女性の男性関係は気になりますね。特に、僕以外にも好きな人がいるかもしれないと思ったら、焦ります。早く手を打たなきゃって思いますね」タカ(仮名)/25歳
「男性の知り合いが多い女性は、ちょっと苦手です。もし付き合ったとしても、その人たちとの付き合いは続くわけですから、付き合っている限り心配事が絶えないと思います。そのため、好きになったとしても、先のことを考えたら諦めちゃうことも……」ケンシ(仮名)/26歳
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ