無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ちょっとのコツで即今っぽ顔に♡垢抜けを叶えるアイメイクテク3選

メイク

アイシャドウに使う色味を1~2色に限定すると一気にトレンド感がアップ!

1番簡単な垢抜け方法が、アイシャドウの色味を減らすこと。

いつも使っているアイシャドウパレットの全てのカラーを使うのではなく、1~2色程度におさえると一気に昔っぽさがおさえられ、トレンド感のある今っぽい目元に仕上がります。

「単色使用だとのっぺりして見えてしまう」とお悩みの方は、塗り方にもちょっとした工夫をしてみましょう。

アイシャドウをブラシに取ったらまぶたのキワから塗りはじめ、眉方向へ向かってぼかしていくことで綺麗なグラデーションが完成。単色でもしっかり陰影がついてまぶたに立体感が生まれ、物足りなさを感じることなく印象的な目もとを演出できますよ!

また、まぶた全体ではなく黒目の上部分にのみポイントでラメシャドウを重ねてあげると、さらに立体感がアップします。

大人メイクでは控えめな輝きのものを使用すると品よく仕上がるので、ラメが微細なものを意識してチョイスしてみてくださいね!

アイライナーではなくアイシャドウの締め色を使ってシャドウラインをオン!

大人メイクとはいえ、せっかくアイメイクをするのなら目をパッチリ大きく見せたいもの。

そんなときは、ブラックのアイライナーを使用してくっきり目のフレームを強調するのではなく、アイシャドウの締め色をライン使いするのがおすすめです。

アイライナーよりライン感がなくふわっと優しいのに、きちんと目力もアップして意志の強さもプラスできるのがシャドウラインのいいところ。

細チップで入れるよりも、先が平べったくなった細いブラシでラインを描くときちんと感が出るのですが、そういったブラシを持っていない方も多いのではないでしょうか。

そんな方は、100円ショップに売っている、先が平たいリップブラシやアイブロウブラシでも代用できるのでぜひチェックしてみてくださいね!

シャドウラインは線を引く感覚ではなく、ブラシに取ったらキワ部分に小刻みに左右へ動かしてのせる、今のせた部分から少しずらしてキワにのせる…を、目尻から目頭に向かって少しずつ繰り返すと綺麗なシャドウラインが描けるのでお試しください。

マスカラはしっかりセパレートさせて繊細なフサフサまつ毛に!

最近では、目元しか見えないマスク生活によって、まつ毛がより重要視されるようになりました。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ