無料の会員登録をすると
お気に入りができます

“お金に愛される人”はやっている!「お金を呼び寄せる5つの行動」とは

節約・マネー

■朝起きたら白湯を飲む

「お金は天下の回り物」というように、お金は水のように流れていくものという考えがあります。

金運がいい人は、そんなお金の流れをせき止めるようなストレスや疲れを溜め込まず、自分の体をクリーンな状態に保つのが得意。

特に浄化作用の高い「白湯を飲む」という習慣を、最も効果的な朝の時間帯に続けている人は、お金がなくなりそうになるとどこからか入ってきたり、予期せぬ大金が舞い込むなど、不思議とお金に困らないケースが多いようです。

■困った人を助ける

お金は、親切な人が大好き。特に人知れず行う良い行いを「陰徳」と言いますが、金運が高い人は無意識のうちに困った人を助けたり、悩みを抱えている人にさりげなくアドバイスするなど、陰徳を積んでいることが多いもの。

相手から感謝されることが、巡り巡って臨時収入や高価な贈り物をもらうなどの予想外の金運を引き寄せてくれるのです。

■筋トレやウォーキングを毎日30分以上

お金は動くことで入ってくるもの。だからと言って、散財してばかりだと、なかなかお金は貯まりませんよね。

むしろ金運の高い人は、筋トレやウォーキングなどを毎日30分以上やっていたり、普段の生活の中で体を動かすことを習慣にしている人が多いようです。
汗をかくことで新陳代謝が促されるため、最初にお伝えした白湯を飲むのと同じように、いいお金の流れを呼び寄せることに繋がるのでしょう。

■いつもニコニコしている

「笑う門に福来る」という“ことわざ”がある通り、お金はいつもニコニコと笑っている人のそばにいたいと思うようです。

金運が高い人は、自分が辛いときや苦しい思いをしていても、ニコニコと笑顔で人と接することができる人。その懐の深さが、資金援助を引き出したり、有力なスポンサーに認められるなど、お金に困らない状況を作り出しているのです。

■人にささやかなプレゼントをする

金運が高い人には、プレゼントの達人がたくさんいます。バッグにいつも小さな贈り物を忍ばせていて、別れ際に渡すのを習慣にしている人も。ただし、高額なものでなく、あくまでささやかなものが多いのが特徴です。

贈り物はお金の持ち出しになり、一見損をしているように見えますが、実は金運アップはもちろん、贈った人と贈られた人の心を繋ぐラッキーアクション。
プレゼントをもらった人が、ギャラのいい仕事やリッチな相手との出会いを運んできてくれることもよくあること。

つまり、人を大切にすることは、お金から愛される近道でもあるのです。

金運アップには、トイレや水回りの掃除が有効というのはよく聞く話ですが、今回ご紹介した行動も、気軽にマネできるものばかり。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ