無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ガチで惚れてる証拠かも…! 男性が「本命彼女」だけに出す“意外な脈ありサイン”4つ

恋愛・結婚

サッと「目をそらす」

「本命の女性が相手だと、好きすぎて直視できません!
パッと目が合ったときは慌てて視線をそらしてしまうので、もしかしたら嫌な印象を与えているのかも……」(30代・男性・公務員)

目と目が合ったときに男性に視線をそらされると、「私のことが嫌いなのかな?」と思うこともあるでしょう。しかし、なかには好きだからこそ恥ずかしくて直視できないケースもあるようです。

そもそもよく目が合うということは、それだけあなたのことを見ているという証拠。その男性があなたに好意を抱いている可能性は高いと言えるでしょう。

「冷たい態度」を取る

「冷たくするつもりはないんですけど、気づくと冷たい感じの態度をとってしまうんですよね。
好きという気持ちが強いからか、緊張しちゃうんです」(20代・男性・飲食)

好きな女性に対して、冷たい態度や素っ気ない様子を見せてしまう男性も。あなたのことを意識しすぎるがゆえに、うまく話せなくなったり、いつも通りの自分ではいられなくなっているのでしょう。

どこか冷たいけれど、あなたとの関わりをちゃんと持とうとするのであれば、その男性はあなたが嫌いなのではなく素直になれないだけかもしれませんよ。

「硬い話」しかしない

「女友達になら話せるんですが、くだらない話とかは好きな女性の前では絶対にできません。
無意識のうちに、変に真面目ぶった話をすることが多くなってしまうんです」(30代・男性・IT)

好きな女性の前では、少しでも自分のいいところやカッコイイ姿を見せようとしているのでしょう。そのため、真剣な話をすることが多くなり、ふざけた話などはあまりできなくなってしまうようです。

また、武勇伝や自慢話が多くなるのも“あなたの前で自分をよく見せたい”という気持ちの表れかもしれませんよ。

「LINE」ではよく話す

「ガチで惚れている女性に会うと、ドキドキしちゃって上手く話せないんです。そのため、ついLINEで話をすることが多くなってしまい……。
“今度こそ直接会ったときに、たくさん話をしよう”と頭の中でイメージトレーニングをしていても、やはり相手の顔を見るといつもの自分が出せなくなってしまいますね」(20代・男性・アパレル)

好きな女性とはたくさん話をしたいけれど、緊張や恥ずかしさが勝ってしまい、あまり話せなくなっているようです。面と向かってはあまり話してくれないけれど、LINEではたくさん話をしてくれるという男性はまさにそのパターンかもしれません。

しかも、自分からはLINEのやりとりを終わらせようとしなかったり、どんな話にもきちんと反応を示してくれるのなら、さらにあなたへの本気度は高いと言えるでしょう。

他の女性とは違う接し方をしてくる男性は、あなたのことを意識している可能性が高いようです。

そのサインにあなたがきちんと気づくことができれば、2人の関係性もより深まるかもしれませんね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ