無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ゆるやかに体重3kg減へ[太りやすい→太りにくい]体が変わる簡単習慣4つ

美容

薄着の季節ということもあり、ダイエットや体型キープに意識が高まっている方は少なくないと思います。やはり理想とするのは、年齢を重ねても変わることのない“太りにくい”体を手に入れること。そこで今回は減量にもつながりつつ、ヘルシーに太りにくい体へと変わる4つの簡単習慣をチェックしてみましょう。

(1)自炊を基本にして、野菜と魚が中心の献立にする

年齢を重ねるにつれて食生活の影響は体型に現れやすくなります。そこでまず心がけたいのが“自炊”すること。そして、野菜と魚を中心に献立を組み立てて、野菜・タンパク質・汁物・ご飯といった、いろいろな食材をバランス良く摂るように心がけましょう。

気になる炭水化物ですが、炭水化物は体を動かすためのエネルギーや脳、神経を働かせるために欠かせない栄養素ですから単純にカットすることはせず、摂取する量を調節する(摂りすぎない)ことが大事。また、和食の献立であれば魚をはじめ納豆や豆腐、卵などヘルシーにタンパク質を摂取しやすいのも魅力です。

(2)白湯や水、炭酸水をしっかり飲む

普段から水や炭酸水をたくさん飲むことに加え、朝起きて一番に朝起きたら朝食を摂る前に、コップ一杯の白湯を飲むのを習慣にするのもおすすめです。

白湯を飲むことで体は内側から温まるので、内蔵の働きが良くなって老廃物を排出しやすい状態になります。また、むくみや便秘の予防する効果も期待できます。

(3)適度に運動をする

ダイエットや体型キープだけでなく、ストレス解消やリフレッシュのためにも運動は大切。好きなTV番組を見ながら、音楽を聴きながらでOKなので、ゆったりとした動きで気になるパーツに直接アプローチできるストレッチやヨガなどが特におすすめです。

また、もし時間に余裕があればジムへ出かけて運動したり、近所をウォーキングやジョギングするようにしましょう。

(4)湯船でじっくり温まる

長年体型をキープしている方に話を聞いてみると、共通するのが「お風呂が大好き」ということ。そして、シャワーだけで済ませるのではなく、しっかり湯船に浸かっています。

しっかり湯船につかることは、1日の疲れを癒すと同時に血行促進につながり、体質改善や代謝UP効果を期待できます。なお、湯船に浸かるのが苦手という方は、気持ち熱めのお湯(42℃程度)で半身浴をするのもおすすめです。

このように生活習慣にほんの少し変化を加えるだけで、ダイエットや体型キープ、そして体質の変化へと繋がっていきます。年齢を言い訳にしない“太りにくい体”を手に入れるためにも、ぜひ実践に移してみてくださいね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ