無料の会員登録をすると
お気に入りができます

続けるほど背中が細く。1日3セット[背中の贅肉落とし]に効く簡単習慣

美容

長時間に渡るスマホやパソコンの使用などによって猫背気味の姿勢がクセになっている方は少なくないでしょう。でも、猫背の状態を続けているといつの間にか背中に贅肉がついたり、代謝の低下を招いてしまいます。そこで姿勢を改善すべく習慣に採り入れたいのが、ヨガの簡単ポーズ【猫ねじりのポーズ】です。

【猫ねじりのポーズ】

【猫ねじりのポーズ】は肩甲骨周りの筋肉や背中の筋肉といった普段意識しないとアプローチしにくい筋肉の緊張を緩和しつつ強化できるヨガの基本ポーズの1つです。

(1)四つん這いの状態から片方の腕を体の下を通し、息を吐きながら上半身をねじる

(2)もう片方の腕を息を吸いながら上方に引き上げる

(3)(2)の姿勢をゆっくり3呼吸(約30秒間)キープする

これを“1日あたり左右各3回を目標”に行います。なお、期待する効果をきちんと得るためには、ポーズをキープする際に「目線を天井方向に上げ、胸をスッキリ開いた状態をキープこと」がポイント。胸の位置が下に落ちてしまった状態(下写真)にならないように注意しましょう。

▲ポーズをキープする時は胸をしっかり開くことを意識します

リラックス効果も高い【猫ねじりのポーズ】は就寝前などのくつろぎ時間に実践するのもおすすめ。実践し続けることで肩甲骨周りや上半身の柔軟性も増していきます。ぜひ背中のたるみやスタイルの崩れを予防するべく習慣化してみてくださいね。<ヨガ監修:TOMOMI(インストラクター歴3年)>

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ