無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「痩せた?」と言われるほど見た目変わる[細い腰周り]に導く簡単習慣

美容

同じ体重であっても“姿勢”によって見た目印象が変わるもの。実際、猫背で丸まった姿勢は重見えにつながります。そこで習慣に採り入れたいのが、お腹や胸など上半身の筋肉の柔軟性を高め、美しい姿勢に整えつつ細い腰周りに導くヨガの簡単ポーズ【ウシュトラーサナ(ラクダのポーズ)】です。

【ウシュトラーサナ(ラクダのポーズ)】

(1)ひざ立ちをして脚を腰幅くらいに開いてつま先を立てる

(2)そのまま手で足首を持って体を後ろに反る

(3)胸を開けるところまで開き、ゆっくり3呼吸(約30秒間)キープして元の姿勢に戻す

期待する効果をきちんと得るためには、体を倒し切った時に「胸を開き、リラックスした状態で首の位置をキープすること」がポイント。首に力が入りすぎた状態(下写真)にならないように注意して実践しましょう。また、特に腰に大きく負荷のかかるポーズなので「腰を痛めている時は行わない」ようにしてください。

▲首に力が入りすぎていると期待する効果を得られません。また、腰への負担が大きいので、腰に痛みがあるときは行わないようにしましょう

【ウシュトラーサナ(ラクダのポーズ)】はリラックス効果も高いので、就寝前などのくつろぎ時間に実践するのもおすすめ。続けるほどにお腹やデコルテ周辺の柔軟性も増していき、美姿勢でほっそりとした印象に整えることができます。ぜひ習慣化してみてくださいね。<ヨガ監修:TOMOMI(インストラクター歴3年)>

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ