無料の会員登録をすると
お気に入りができます

突然のキスにドキドキ…忘れられない不意打ちの口づけ

恋愛・結婚

不意打ちのキス

「男女合わせて七人ぐらいで、サッカーの試合をパブリックビューイングで観戦していました。横並びで見ていたんですが、周りのことなんて気にならないぐらい大興奮。
ある選手がゴール前でチャンスを迎えました。仲間からボールをもらい、シュートの態勢に……とその瞬間、隣に座っていた男友だちが、パッと顔を出して画面を遮ったんです。
“邪魔!”と言おうとしたら、そこで顔が近付いてきて、キスされた……。次の瞬間、会場内がワッと盛り上がった。シュートが決まったようでした。
しかし、私のなかではどこか遠い歓声のように聞こえました。しばらくボーッとしてしまった。それから隣の彼は、また何もなかったように試合を見始めていました。
あのキスはいったい何だったのか……。私にはそこからの試合の記憶がありません」ユミエ(仮名)/28歳

不安にさせてからのキス

「友だち男女四人でドライブに行ったときです。海を見た帰り、真っ暗な田舎道を走っていました。私は助手席に座っていたんですが、そこで運転席の友だちが、怖い話を始めたんです。
途中で車に乗せた女性が消えた……みたいなベタな話だったけど、周りの雰囲気も相まってめちゃくちゃ怖かった。そして突然、車がガタンと止まった……。
“エンジンがかからない……”と言うんです。外は真っ暗、車内はパニックですよ。と、そのときでした。運転席の彼が私に肩に手をのせてグイッと引き寄せ、キスしてきた。
離れてすぐ“うっそ~!”と言って、エンジンをかけたんです。単なる彼の自作自演でした。私は、恐怖によるドキドキとキスのドキドキがゴチャゴチャになり、しばらく放心状態でした」リカ(仮名)/27歳

熱にうなされながらのキス

「あるとき、家が近い男友だちから連絡がきました。熱が出て寝込んでいるから買いものをお願いしたいと。
で、仕事帰りに買いものを済ませて家に寄ったんです。かなり重症らしく、ベッドから出れないようでした。なんとかカラダを起こして、買ってきた水を飲み、ちょっとした食べものを口にしました。
そして、また横になろうとしたとき、私がカラダを支えてあげたんです。すると、一瞬顔をグイッと上げて、キスをしてきました。
私が呆気に取られていると、彼はバタンと横になり、そのまま寝てしまった。
あれはなんだったのか……。考えるとポッとカラダが熱くなりました。翌日、私も熱を出しました」アヤノ(仮名)/30歳

“男にされたら気になって仕方ないズルいキス”をご紹介しました。

キスをするとどうしても気になってしまうもの。そのせいで無駄な恋愛をしてしまう場合もあります。それを狙う男もいるので、隙を突かれないように気を付けましょう。

© Wedding and lifestyle / shutterstock
© PHOTOCREO Michal Bednarek / shutterstock
© Alena Gan / shutterstock
© Edw / shutterstock

※2018年9月26日作成

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ