無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[スタバ]南関東の「ご当地フラペ」4種を制覇!ビター系、ジューシー系を飲み比べ!

グルメ

スターバックスコーヒーが展開している「47JIMOTOフラペチーノ」。各都道府県限定の個性豊かなビバレッジが楽しめます。みなさんは、地元のビバレッジをもう飲みましたか?

関東在住の編集部員は、南関東の1都3県(東京、千葉、神奈川、埼玉)のビバレッジを制覇することができました! それぞれの特徴を紹介するので、ぜひ参考にしてください。

ビターな東京、スイートな神奈川

・東京 オリジン コーヒー ジェリー キャラメル フラペチーノ

東京限定のフラペチーノは、コーヒーのまろやかなコクとほろ苦さ、生乳を使用したクリームやホイップによるクリーミーさ、キャラメルの甘さが絶妙な一杯です。

エスプレッソ ローストで作ったオリジナルのコーヒージェリーも入っているので、飲みごたえと贅沢感があります。

全体的に甘すぎない、大人な味わいに仕上がっています。ビターな味わいが好すきな人は「ショット追加」(55円)、「無脂肪ミルクに変更」(無料)、「ホイップ抜き」(無料)がおすすめ。

逆に甘めが好きな人は「ソース増量」(無料)のカスタマイズがおすすめですよ。

・千葉 なごみ みたらし コーヒー クリーム フラペチーノ

醤油の生産量全国1位(※)として知られている千葉県。フラペチーノのポイントは、千葉県産の醤油を使用したみたらしソースとコーヒーを合わせた「みたらしコーヒーソース」です。※醤油の統計資料 2018年実績(しょうゆ情報センターより)

ホワイトチョコレート風味のシロップを加えたミルキーな味わいをベースに、オリジナルの"あまじょっぱソース"が個性を発揮しています。

ドリンク全体をかきまぜる前にソースの部分を食べてみると、みたらしならではのあまじょっぱさがしっかりと感じられます。

混ぜて飲むと主張は弱まり、ミルキーな味わいとうまくマッチ。全体を通して甘いミルキーなフラペチーノという感じです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ