無料の会員登録をすると
お気に入りができます

マネしたら垢抜ける!プロ直伝♡のっぺり顔を解消してグッと美人見えする簡単メイクテク3選

メイク

メイクアップアーティストの園 佳子です。仕事柄海外のお客様のメイクをすることもあるのですが、海外の方と比べると私も含め、日本人の顔はやはり平面的であることを実感しています。今回は、幼く&のっぺり見えがちな平面顔を解消して、メリハリのある美人顔に見えるメイクをご紹介します!

テク①ファンデーションは顔全体に塗らない

最初のポイントはファンデーションの塗り方にあります。ファンデーションを塗るときはどの範囲まで伸ばしますか?

ファンデーションをフェイスラインギリギリまで塗ってしまうと、肌がより平坦にな印象になり顔が大きく見えてしまうこともあります。

ファンデーションはクマや毛穴などが目立ちがちな顔の中心部分に塗って、比較的肌が綺麗なフェイスラインは日焼け止めだけでOK。

また、肌の色よりも少し明るめのファンデーションを顔の中心にのせるとよりメリハリが出ます。

テク②ハイライトを正しい位置に入れる

顔の立体感を出すメイクのテクニックでコントゥアリングがありますが、シェーディングは色味のチョイスや入れ方の強弱がとても難しいので、オススメなのはハイライトをうまく活用できるようになることです。

ハイライトはマットな質感のもの、パール入りのものとありますが、入れる位置に注意が必要です。

イメージとしては赤ちゃんの顔を観察してみるのもアリです。赤ちゃんはナチュラルにハイライトをいれる部分がピカっと光っているのでとても参考になります。

さらにチークと組み合わせることで、顔の中で一番面積が広い頬により立体感を出すことができ、小顔効果大です。

テク③眉&アイメイクのバランスを見直す

アイメイクのバランス(アイメイクと眉毛とのバランスも含む)は顔の印象を変えやすいパーツです。

前髪を下ろしているのか、分けたり、アップにしているのか、などによっても、眉毛の描き方やアイメイクの陰影の付け方を気をつけたいところですが、よりのっぺり見えやすいのが、前髪を分けたりアップにする時。

おでこを出すと顔の表面積が広く出て見えるので、眉毛の太さを気持ち太めにしましょう。そうすることで顔の余白が減りのっぺり感が軽減されます。

そして、鼻筋もあまりはっきりとしていない方はノーズシャドウもプラスするとさらに立体感が出ます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ