無料の会員登録をすると
お気に入りができます

アラフォー女子はベースメイクで見た目年齢が決まる!老け見えを招くNGベースメイク3選

メイク

コスメ&メイクライターの古賀令奈です。肌をキレイに見せるためのベースメイクですが、塗り方次第では気になる部分を目立たせてしまうことが…。肌の印象は見た目年齢を左右するため、塗り方や使うアイテムには注意が必要です。そこで今回は、アラフォー世代が気をつけたいNGベースメイクと改善方法をお伝えします。

NG1:シミを隠したはずが…コンシーラーの悪目立ちで逆効果

コンシーラーはシミ隠しに活躍する一方、使い方が難しいアイテムでもあります。シミを隠そうと塗ってみたものの、周りから浮いて見えてしまう方が少なくありません。

こちらは、シミの上にコンシーラーを塗り込んだ状態です。シミ自体は隠れているものの、ファンデーションの色とのギャップが強く、その部位が目立ってしまっています。

コンシーラーを塗るときのコツは、周りをぼかすこと。コンシーラーとファンデーションの境目をぼかすと、色のギャップが落ち着いて自然になじみます。

シミの上をぼかすと隠したはずのシミが見えやすくなるため、周りをぼかすことを意識してください。

NG2:カバー力重視もほどほどに、ファンデーションのW使いでぼってり肌

ファンデーションの上にファンデーションを重ねていませんか?リキッドファンデーションやクッションファンデーションを塗ったあと、さらにパウダーファンデーションを重ねる方も少なくないようです。

ベースメイクで使うファンデーションは基本的に1アイテム。カバー力を高めるために2品を組み合わせると、厚塗りになるのはもちろん、油分過多になりくずれやすくなります。

こちらはクッションファンデーションの上にパウダーファンデーションを重ねた状態。ぼってりと厚みを感じる仕上がりで透明感がなく、キメの粗さも目立ってしまいました。

こちらはクッションファンデーションのみの状態。カバー力はやや落ちるもの、素肌っぽさと透明感が漂うヘルシーな肌が簡単にできあがりました。

なかには、プレストタイプの白粉を使っているつもりが、実はパウダーファンデーションだったという方も。厚塗り感が出てしまう方は、一度ご使用中のアイテムを確認してみてください。

NG3:ファンデは薄くても…フェイスパウダーの塗りすぎで結局厚塗り

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ