無料の会員登録をすると
お気に入りができます

加治ひとみ、ヘルシーボディの秘訣は“腸”にアリ!? 「腸活5か条」とは

美容

誰もが羨む細くくびれたウエストに、透明感のある美しい肌…。今、“腸活の女王”として注目されている加治ひとみさん。その美しさの秘密に迫ります。10年前から始め、すっかり生活の一部となった腸活ルーティンは、参考にしたいことばかり!

ヘルシーボディは腸を正して手に入れる。

“腸活”という言葉がまだ存在しなかった約10年前から、ピラティスを始め、食事にスーパーフードを取り入れるなど、ヘルシーコンシャスなライフスタイルを送ってきた加治ひとみさん。

「ピラティスで外側から、発酵食品や食物繊維を意識した食生活で内側からアプローチした結果、朝が変わっていきました。一番わかりやすい変化が便秘の改善。ひどいと1週間お通じがなかったのが、3か月経った頃には1日2回になって、下腹部の張りもなくなったんです。体の毒素が外に出たおかげで、肌のトーンも上がって、代謝も良くなって…とプラスの相乗効果がどんどん起きました」

メンタル面での効果もかなりあったそう。

「以前はせっかちで、雨が降るだけでイライラ…。ネガティブ思考で、何かあればすべてを自分のせいだとも感じていました。20代前半の頃、『これじゃいけない。もっと自分らしく、健やかに生きたい』と思っていた時に出合ったのがピラティス。呼吸を大事にするピラティスのおかげで、腸の働きを左右する自律神経が整って、考え方までも前向きになれました」

腸が整い、メンタルも安定した「今の自分が好き」と微笑む。

「年を重ねると代謝が落ちるなど、体に変化が起きます。でも、『チャレンジできる新しいテーマが見つかった!』と前向きに捉えていますね。代謝が落ちた分、脂質の少ない鶏肉をもっとおいしく食べるレシピを考えたりするのが楽しくて。年齢に関係なく、いつもベストな自分でいたいです」

加治さんの腸活5か条

【1】食物繊維と発酵食品を毎日取り入れる。

「スムーズなお通じに欠かせず、腸内の汚れを排出してくれる大事な栄養素が食物繊維。発酵食品は腸内細菌のバランスを整えてくれます。その2つを意識して取り入れるようにしています」。わかめのお味噌汁は、両方が摂れる黄金食。

【2】姿勢と呼吸を意識して過ごす。

首が前に出ないように、頭頂部から糸で引っ張られているイメージで姿勢をキープ。「姿勢を正すと自然と肩と胸が開いて呼吸もしやすくなり、腸も正常な位置に戻ります」。呼吸は鼻からゆっくり吸って、口から息を吐ききるように。

【3】自分に課すハードルを下げる。

継続できないのは、最初のゴール設定が高すぎるから。「あれもこれもではなく、まずは白湯だけなど簡単なことからスタートして。ひとつクリアできたら次の目標に取り組むと定着しやすいです」。“数多く”ではなく、“続ける”ことが重要!

【4】鏡の前で体を確認する時間を作る。

家に体重計がないという加治さん。「体重では判断せず、お風呂上がりに鏡でボディチェック! 特にお腹まわりは目で見て確認がマストです。目を背けたくなる現実を、理想の自分に向けて頑張ろうというやる気に変えます」

【5】睡眠は7時間を目標に。

腸の働きには睡眠の質も大きく影響するそう。「腸は脳ともリンクしているんです。なので、十分な睡眠をとると、腸も活発にリズムよく働くようになります。大変なことではないので、まずはここから始めてみるのも◎」

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ