無料の会員登録をすると
お気に入りができます

語尾伸ばすなよ…男ドン引き「そろそろやめたほうがいい」モテ仕草 ♯93

恋愛・結婚

ドン引きモテ仕草 : 甘え声と語尾伸ばし

【リアルな夫婦生活】vol. 93

私たち女性は、好きな人と接するときは、つい声のトーンが高くなってしまうといいますよね。無意識で声が高くなってしまうのを防ぐことはなかなか難しいものですが、意識的にかわいく見せようと思って甘えた甲高い声を出したり、語尾を「〇〇なのぉ~」と伸ばした言い方をしたりするのは、あまり印象がよくありませんので気をつけましょう。

もちろん、男性によってはそういう甘え声が好き!という方もいますが、あからさまな「あざとさ」が感じ取れると男性とて「いや……普通に話してよ」と軽く引いてしまうので要注意!

ドン引きモテ仕草 : 距離感ムシなボディタッチ

もうひとつ、NGなのがやっぱり距離感を思い切りつめたボディタッチ。さりげなく肩や二の腕あたりをポンと触る程度ならまだ良いのですが、相手にドキッとさせたくて不意打ちで腕を組んだり、お酒の席で気分が高まって相手の肩にもたれかかるなんていうのは言語道断、軽い女という印象を与えてしまいます。

また、サバサバ系女子にありがちなボディタッチが、相手の頭をぐしゃっと撫でたり、肩や背中をバンバンと叩いたりすること。これはかわいいやドキっとする感情を通り越してイラっとしてしまう最大の禁忌と心得て。

胸キュンモテ仕草 :クロス仕草

ものを取るとき、髪の毛を耳にかけるときなど、何か手で動作を行うときはあえて体の前で手をクロスさせると品のある女性らしい仕草になります。これはクロスの法則といって、対象物とは反対側にある手で何かを取る際に生まれる自然な体のひねり具合が色っぽく見えること。男性をキュンとさせる効果があるそう。

このモテ仕草の良いところは、直接的に異性に何かアプローチをするような押しつけがましさがないところ。さりげなく自分の動作にエレガンスさを加えることで、相手の方から勝手に「なんて上品な人なのだろう」と判断してくれます。簡単に美しさを表現できるのでぜひ意識的に試してみてくださいね。

胸キュンモテ仕草: 手を添える

もう一点、オススメのモテ仕草としてご紹介したいのが、ものを持つときや誰かに渡しものをする際は必ず、片ほうの手を添える仕草。手を添えることで、ものを大切に扱う丁寧さを感じられて男性はその女性に「育ちの良い女性だ」と感じるそうです。

例えば気になる彼と食事の席で、飲み物を乾杯するときは片ほうの手を添えて乾杯するなどを徹底して心がけましょう。こうしたちょっとした仕草はあえて語らずとも、男性はしっかり感じ取ってくれるものです。先ほどのクロスの法則同様に男性を困らせるようなモテ仕草ではなく、あくまで品の良い女性らしさを表現したモテ仕草なので、取り入れやすく好印象だけを与えることができます。

モテ仕草の極意は、控えめで上品なもの

モテ仕草というと、どこか男性にキュンとしてもらおうという打算的な意識があるもの思われがちですが、本当のモテ仕草というのは女性として品のある所作のことを指すのではないでしょうか。今回ご紹介したモテ仕草もまた、男性に好かれたいがための仕草ではなく、女性の嗜みとして美しく見える仕草からなるもの。仕草ひとつにおいてもぜひ賢く取り入れていきましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ