無料の会員登録をすると
お気に入りができます

え、太って見えるって本当!?ショートヘアの“NGポイント”とは?

ヘアスタイル

今回は太って見えるショートヘアのNGポイントをご紹介します。
また小顔に見えるおすすめのショートヘアスタイルもご紹介するので、少しでもすっきり見せたい方や、太って見えない髪型にしたい方はぜひ参考にしてくださいね。

太って見える「NGショート」ポイント①ワイドバング

beauty.hotpepper.jp

最初にご紹介する太って見えるショートヘアのNGポイントは、ワイドバング!
ワイドバングはおしゃれなのですが、前髪を広めにとってしまうと、顔が大きく見えてしまうんです。

小顔に見せたい方や太って見えない髪型にしたい方は、前髪を広くとりすぎないように注意してくださいね。

前髪を長めにしたスタイルや、斜めに流すようなスタイルがおすすめですよ。

太って見える「NGショート」ポイント②重ためショートボブ

beauty.hotpepper.jp

全体的に重ためのショートボブスタイルにしてしまうと、ずっしりした印象になってしまうので、小顔に見せたい方にはNG。

ショートボブに限らず重めのヘアスタイルは、太って見えることがあるので注意してくださいね。

ショートボブやショートヘアにする場合には、毛先を少し軽やかな感じにしてあげると、すっきりした印象になってGOOD♡

太って見える「NGショート」ポイント③トップがぺたんとしている髪型

beauty.hotpepper.jp

トップがふんわりしている髪型はシルエットが大きく見えそうなイメージがあるかもしれませんが、実は小顔効果大♪

基本的にメリハリのある髪型の方が太って見えにくいですし、おしゃれな印象にもなります。
なので、太って見える髪型を避けたいのであれば、トップがぺたんとしているショートはNGです。

トップはふわっとエアリーな感じにしましょう!

太って見える「NGショート」ポイント④顔まわりの髪が短いスタイル

beauty.hotpepper.jp

フェイスラインをサイドの髪でカバーすると、顔の大きさが目立ちにくいです。
なので、「太って見える」を回避したいなら、サイドの髪が長めのショートヘアにするのがおすすめですよ。

反対にサイドの髪が短めのスタイルや耳掛けするようなスタイルは、顔の大きさが目立ちやすいのでNG。

フェイスラインが目立ちにくいデザインの髪型にしましょう♪

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ