無料の会員登録をすると
お気に入りができます

最低限なにを入れておけばいい?ミニマリストの「防災ポーチ」の中身を大公開!

ライフスタイル

こんにちは!整理収納アドバイザーの大森智美です。皆さんは災害の備えをしていますか?「何から備えていいか分からない」「必要だと思うけど、できていない…」そんな方も多いかもしれませんね。今回は、外出先でバッグに入れていると安心な防災ポーチの中身を公開します!

防災ポーチって何?

災害はいつどんな時に起こるか分かりません。もちろん外出中に起こる可能性もありますよね。

そんな時にバッグの中にちょっとした備えがあると、心を落ち着かせることができます。

そんな、ちょっとした備えを詰め込んだのが「防災ポーチ」です。

「もしも、エレベーターに閉じ込められたら?」「電車で数時間過ごさないといけなくなったら?」そんな風にイメージしながら、何が必要か考えてみましょう。

防災ポーチの中身は?

①モバイルバッテリー

まず欠かせないのはモバイルバッテリー。スマートフォンは情報収集にも連絡手段にも必須ですよね。携帯の充電が切れて困った…!を防いでくれます。

②小型ライト

災害時、灯りがないと不安になったり動くのも大変になります。小型のライトはたくさん販売されていますのでポーチに1つ入れておくと安心です。

③現金

普段、カードやIC決済でキャッシュレスの方も多いかもしれませんが、災害時は使用できない可能性も。必要なものを購入できるように少しだけ現金、特に小銭を入れておくことをオススメします。

④カイロorクールタオル

冷暖房が使えなくなったら、体調に影響する可能性も。寒い冬にはカイロを、暑い真夏には薄手のクールタオルを入れておくと重宝します。

⑤緊急連絡先

普段は携帯に連絡先を入れているので記憶していない方も多いのでは?

連絡を取りたい連絡先はカードに記入しておいたら万が一携帯が使えなくなっても安心。ポーチでなく普段から財布に入れていてもいいですね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ