無料の会員登録をすると
お気に入りができます

全205点という驚きのアイテム数。ZARAの新コレクション「ZARA Origins」が2年の歳月を経てついに誕生

ファッション

「ZARA(ザラ)」の新コレクション「ZARA Origins」が、公式オンラインストアおよび世界39店舗にてローンチ。

ZARA(ザラ)

日本国内では、9月16日(木)より、公式オンラインストアおよび新宿店と名古屋店にて、販売が開始されました。

「ZARA Origins」が誕生

“現在と未来の衣服における改革を起こすべく、衣服の進化を見つめ直す”というミッションのもとに始動した「ZARA Origins」。

2年間の研究開発を経て誕生したコレクションには、服やシューズ、アクセサリーなど、メンズとレディースあわせて、全205点ものアイテムがラインナップしているといいます。

セルヴィッチデニムからカシミアやウールまで、「ZARA Origins」でセレクトされた生地や素材は、トレーサビリティ(原材料の調達・生産経路などが追跡できること)が成立する、パートナーサプライヤーから提供されたものなのだとか。

また、裁断・仕立てから革細工と仕上げまでの全ての工程は、ZARAのグローバルネットワークで最も熟練した、経験豊富なエキスパートが担当しているそうですよ。

たとえばこちらは、ネックラインがきれいな「裏編みニット ベスト」(税込7990円)。レイヤードしやすいニットのベストは、ロングシーズン活躍してくれる予感です。「レザーベルト」(税込5990円)も「ZARA Origins」の商品ですよ。

「コットンポプリンシャツ」(税込7990円)と「ウールスーツパンツ」(税込8990円)、足元に「レザーアンクルブーツ」(税込1万9990円)をあわせたスタイリングも素敵。

同じブラックでも、素材が異なるアイテムを組み合わせることでメリハリがうまれて、こなれた雰囲気を演出できそうです。

飽きのこない衣服のクリエーションを重要視

「ZARA Origins」で最も重要視されているポイントは、“飽きのこない衣服のクリエーション”だといいます。

素材と製造のクオリティだけでなく、機能を高める場合以外のディテールを排した、ミニマリストなデザインアプローチ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ