無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「洋服買っちゃう病」を治すにはどうしたらいい?効果的な治療法を片づけのプロが教えます!

ライフスタイル

整理収納アドバイザーのhanaです。クローゼットはパンパンなのに、カワイイ洋服を見るとつい買っちゃう「洋服買っちゃう病」、筆者も経験者なのでわかります。でも、沢山あっても着たい洋服がない、買いすぎてお小遣いもピンチ、何とかしたいですよね。今回は、筆者が実践した「治療法」を経験も交えてご紹介します!

「洋服買っちゃう病」の原因

筆者の「洋服買っちゃう病」全盛期は、社会人~出産後でした。

今考えると、人間関係のストレスや慣れない育児で自分の時間が取れず、満たされない心の隙間を埋めるために、「欲しいモノを買う」という行動に走っていたのだと思います。

ところが、「買う瞬間」が気分MAX、その後は下がる一方…。

その「一時的な高揚感」をストレス解消のために追い求めることこそが「洋服買っちゃう病」の原因。

「洋服買っちゃう病」を治療するためには、洋服を買う瞬間の「一時的な高揚感」と向き合っていかなければいけません。

「治療のための処方箋」

「洋服買っちゃう病」を治療するためには、「洋服を買う瞬間の一時的な高揚感」⇒「別の何か」に置きかえる必要があります。

筆者は「厳選したお気に入りの洋服だけのクローゼットがもたらす持続的な幸福感」

に置き換えることで、「治療」に成功しました。

「洋服買っちゃう病」の効果的な「治療のための処方箋」は、勇気を出して今まで目をそらしていた自分のクローゼットと向き合い、厳選したお気に入りの洋服だけを収納する「クローゼット整理術」の実践であることに気付きました。

それでは、次に「クローゼット整理術」の手順をご紹介します。

「持続的な幸福感」をもたらす「クローゼット整理術」の手順

それでは、筆者おすすめの「持続的な幸福感」をもたらす「クローゼット整理術」の手順をご紹介します。

一度にすべての洋服の整理を終わらせようとしなくても大丈夫です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ