無料の会員登録をすると
お気に入りができます

あなたの“ブラ”は大丈夫? ブラの寿命は意外と短かった!

ライフスタイル

バストの採寸方法から、ブラの替え時の目安まで。自分に合うブラを選び、きちんと活用するための基本を紹介します。

正しいブラのつけ方

体型や姿勢キープのためにもブラの着用位置は重要。

自分に最適なサイズのブラを正しい位置でつけていないと、バストが垂れたり、ボディラインが崩れたり、姿勢が悪くなってしまうことも。毎日身につけるものだからこそ、基本的なブラのつけ方をきちんとマスターしておきたい。

1.前かがみになり、バストとボディの境目にブラジャーのワイヤーを合わせてホックを留める。
2.前かがみのまま、右手で左胸をカップに収めて中央に寄せる(右胸も同様)。
3.体を起こして、肩に指1本分の隙間ができる程度にストラップを調整。

自分でできるバストの測り方

最適サイズのブラ選びは胸を正しく測ることから。

自分に合うブラジャーを見つけるためには、バストの大きさを正しく測ることが大切。ここではセルフでバストを採寸する方法をご紹介。バストの大きさは意外と変動しやすいので、ブラ購入の際にはその都度採寸して、サイズ情報の更新を。

アンダー:背筋を伸ばし、ブラジャーをしたまま、アンダーのワイヤーの上にメジャーを沿わせて測る。
トップ:鏡などでチェックしながら、背中とブラジャーのバストトップが平行になるようにして測る。

長持ちケア方法

基本は手洗い。洗濯機を使うなら、ひと手間加えて。

繊細なデザインのブラは、手洗いなどで丁寧に扱うことが鉄則。でも、ノンワイヤーブラは、傷み防止のポイントさえきちんと押さえれば、洗濯機で多少ラクをしてもOK。

【洗い方】洗濯機で洗うときにはブラ専用ネットに入れて。

ホックを留めて専用ネットに入れれば、ノンワイヤーブラは弱水流の洗濯機で洗ってもトラブルになりにくい。ニオイ対策は外したら早めに洗い、汗や皮脂汚れを溜めないこと。

【干し方】ブラの形を整えてから、左右対称に干しましょう。

干す前には必ず形を整えてから、伸びない部分を、左右対称に留めることが基本。スペースが許せばアンダーを上にして逆さに、なければ二つ折りにしてハンガーに引っかけて。

【収納】カップを潰さないようにしまうのが基本。

収納はカップを潰さないように! ホックを留めて、ストラップをカップの内側に収めると絡みにくい。ラックに吊るすポケット収納も◎。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ