無料の会員登録をすると
お気に入りができます

大事な“3つのコト”とは…?[12星座別]2022年にも繋がる「ラスト3か月」の過ごし方

占い

秋を迎え、冬を迎えようとしています。2021年も終わりが見えてきましたが、限られた時間の中でやれることは的を絞った方が堅実。そこで、12星座別にピックアップした3つの「ToDoリスト」を参考に、残り約3か月を有意義に過ごしてみてはいかがでしょうか。

3.仕事のやり方を変えて。
慣れた方法をあえて変えることが仕事で結果を残すきっかけになるはず。そもそも何を成果と見なすかも根本的に考え直すといいかも。

おとめ座(8月23日~9月22日生まれ)

1.半径5メートルの世界を見直して。
家でも職場でも慣れたルーティンを一度疑ったほうが良さそうです。より洗練されたライフスタイルを目指して、変化と改善を加えましょう。

2.恋の登場人物を厳選しましょう。
恋人候補が複数いたり、今彼も元彼も気になる人は本当に大切な人を見極めて。真剣に選んだ相手とは2022年からさらに縁が深まるでしょう。

3.仕事では“積み上げ”と“拡大”を大切に。
コツコツ積み上げることは得意でしょうが、年内は仕事の幅を広げることも視野に入れて。評価につながるはずです。

てんびん座(9月23日~10月23日生まれ)

1.恋愛は悔いのないように想いをつらぬいて。
クールに立ち回るより、不器用でも自分の気持ちを素直に伝えることを大切に。ベストを尽くせば、結論が自然と出るはずです。

2.言いたいことは我慢しないで伝える。
恋愛はもちろん、仕事や友人関係でも「自分が我慢すればいい」という考えは捨てて。本音を話すことで動き出す運命があります。

3.アピールポイントを増やす。
長所や自慢できることを紙に書き出してみましょう。恋の失敗から身につけたことは、重要なアピールポイントになるはずです。

さそり座(10月24日~11月21日生まれ)

1.絶対に譲れないものを再確認。
恋愛でも仕事でも、「これだけは譲れないポイント」を振り返ってみましょう。信念といえるものが変わっているかもしれません。

2.セルフケアは秋の間に。
スキンケアやヘアケア、ダイエットは本格的な冬が来るまでにしっかりと。いざという場面で慌てずにすみます。

3.大切な人との話し合いは師走を迎える前に。
恋人やビジネスパートナーと話すべきことがあるなら11月中に。目からウロコの発見がありそうです。

いて座(11月22日~12月21日生まれ)

1.恋のゴールは秋のうちに目途をつけて。
恋愛運は11月頭まで好調が続きます。運気の後押しがある間にやれるだけのことをやりつくしましょう。

2.大切な人を一人に絞る。
恋愛では特に自分にとって特別な存在を一人に絞りましょう。仕事では少数精鋭を心がけると良い流れが作れます。

3.決意表明することがあるなら12月の頭に。
仕事でも恋愛でも、心に決めたことはキチンと言葉にしましょう。手帳に書き留めたり、話したりすると実現性が高まるはず。

やぎ座(12月22日~1月19日生まれ)

1.恋は11月から本気を出して。
秋が深まると好きな人との接点が増えたり、男性から注目されたりするはず。自分磨きやデート服の用意をしておきましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ