無料の会員登録をすると
お気に入りができます

公園も通勤も!おすすめスニーカーコーデ12選[2021秋]

ファッション

昔はカジュアルの日だけのアイテムだったのに、今やお出かけにも、通勤時にも、そしてもちろんアクティブな日にも、「毎日スニーカーが履きたい!」状態の人が増加中。そこでシチュエーションや系統、アイテム別に履きこなしやすい一足をご紹介します。

“今年らしい”スニーカーのポイントは?

①フォルム ▶︎▶︎「“ぽってり”感が今年顔」

ハイテク、ローテク、ダッド…様々なデザインがあるけれど、今年は全体的にぽってりしたボリュームのあるフォルムが人気の傾向。

②カラー ▶︎▶︎「根強いのは“白”」

絶対的支持を誇る「白」のほか、合わせやすいうえにこなれ感も出せる「グレー」や「ベージュ」などのニュアンスカラーも鉄板カラー。これからの季節に活躍しそうな「黒」も注目株です。

【公園におすすめ】スニーカーコーデ3選

スニーカーの出番といえばの公園コーデ。それだけに、今年らしい合わせ方に更新したいところ。定番スニーカーもこなれた印象になる、アップデート方法を紐解きます。

撮影/渡辺謙太郎

この秋はずせないトレンドのひとつ、スエット。でもスニーカーと合わせるとさすがにスポーティすぎる…?と心配になりそうですが、ハイテクの白スニーカーならば野暮ったさはゼロ。絶妙にモード感を出してくれます。

アイテム詳細はこちら

撮影/須藤敬一

1人1足状態のコンバースですが、白や黒の次に差し色になるカラーの追加を検討している人も多いのでは。ブルーデニムに映える色味があると、公園コーデの更新に役立ちます。

アイテム詳細はこちら

撮影/三宮幹史〈TRIVAL〉

ロングアウター、しかもカーキや黒など重めの色ならば足元には抜け感が必須。ローカットの1足で足首をのぞかせて。人気のコンバースですが、ハイカットはオールスター、ローカットならジャックパーセル、とこだわる人も多い様子!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ