無料の会員登録をすると
お気に入りができます

アイシャドウの塗り方でアイメイクはキマる♡なりたい目別「アイシャドウの塗り方」3選

メイク

こんにちは!メイクアップアーティストの園佳子(そのよしこ)です。アイシャドウの塗り方で目元の印象は大きく変わるんです!今回は、なりたい目別の最強アイシャドウの塗り方3パターンをご紹介します。

自然なデカ目になれるアイシャドウの塗り方

目を大きく見せながらもナチュラルさもほしい!そんな時のアイメイクのポイントは、できるだけ濃さを出さずに、目の錯覚を利用して目を大きく見せること。

そのために使うアイシャドウは、明るめカラー・淡めカラー・暗めカラーの3色です。

上まぶたは、程よく引き締める淡いカラーのものをアイホールに広げて、目の際には引き締目効果の高い暗いカラーをのせてることで、淡いグラデーションにしてまぶたを立体的に見せます。

目の下は目の際に明るめのカラー、涙袋のあたりに暗めカラーを細めに入れることで目の下がぷっくりと見えて、目の縦幅が大きく見えます。

こうして目を拡大することを意識したアイメイクをすることで、色をあまり使わなくてもナチュラルに目を大きく見せることができます。

ナチュラル今っぽアイになれるアイシャドウの塗り方

今旬なアイメイクは、ナチュラルな色味の中にポイントになる煌めきを効かせて仕上げるのがポイントです。

そんな目元にするには、ベースのアイシャドウは肌なじみの良いカラーを単色塗りします。

エッジを効かせるアイテムとして使うのは、ラメやパールがしっかり効いたアイシャドウ。使うアイテムはお好みのものでOKです。

ナチュラルな中に少しポイントになるアイテムを仕込むことで、今っぽアイの完成です。

目の上はもちろん下(上の写真のキラキラ部分)にもラメをのせると、潤んだような目に見えてさらに印象的に仕上がります。

キレイめ美人アイになれるアイシャドウの塗り方

ほんのり大人っぽく見えるキレイめアイメイクにしたい場合は、目を丸く大きく見せるアイメイクではなく、シャープに見せるように仕上げましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ