無料の会員登録をすると
お気に入りができます

プロのメークさんが使っている[頬のシミを自然に隠す]テクニックって?

メイク

頬にできた気になるシミ。コンシーラーで隠せば大丈夫!は確かに正解ですが、コンシーラーの使い方は合っていますか?薄づきで自然に隠す、ヘア・メーク千吉良恵子さんのコンシーラーテクニックで見た目年齢も若返ります!

▼あわせて読みたい

マスクの日はノーファンデにこれ! 「シミ」「クマ」「肝斑」がしっかり隠れる【極薄づきコンシーラー】4選

頬の【スポットジミ】は点で隠してエッジをぼかしボーダレスに

①シミ部分よりもひと回り大きめにコンシーラーをのせます。ピタッと留まる硬さで自分の肌色に合わせたカラーをセレクトするのがポイント。

\使ったのはこれ/

カバー力とトーンアップ、2つのテクスチャーを備えたダブルエンド。シークレット カモフラージュ ブライト アンド コレクト デュオ 2W ¥4,070(ローラ メルシエ ジャパン)

②小さいブラシの筆先で、コンシーラーの輪郭をぼかすようになじませます。肌との境がなめらかで自然な一体感がコンシーラー使いの肝。

\使ったのはこれ/

根元の厚み、先端の薄さと尖りでどんな小さなシミにも万能に対応、自然に仕上げる平筆。コンシーラーブラシ P ¥2,750(ADDICTION BEAUTY)

③パウダリーファンデーションを折りたたんだスポンジで周囲の肌となじませて仕上げます。ヨレにくくなり自然な肌感を長時間キープします。

\使ったのはこれ/

しっとりとした一枚膜で柔らかな光を宿したような奥行きある肌に。アルビオン プリンプ パウダレスト 全6色SPF12・PA++ ¥5,500〈ケース込み価格〉(アルビオン)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ