無料の会員登録をすると
お気に入りができます

妙にダサイのはなんで…?ちょっとだけ惜しい!「ちょいダサアイメイク」3選

メイク

みなさんこんにちは、huis(ゆい)です。自己流のアイメイク、良いと思ってしているけど、周りの人から見たらちょいダサいかも…?なんてことも。今回は、ちょっと変えるだけでちょいダサから脱却♡簡単に垢抜けメイクになるテクニックをご紹介致しますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

ブラウンアイシャドウのグラデメイク

明るいベースカラー、中間色、締め色、ラメなどよくありがちな4色入ったブラウンアイシャドウ。お持ちの方も多いのではないでしょうか?

バランスよく配色されたカラーは順に重ねていくだけで、テクニックがなくても簡単にグラデーションアイが作れるので便利ですよね♡

またブラウンアイシャドウはどなたでも使いやすく、TPO問わず使えるのが魅力。

しかしこちらの4色シャドウ…締め色から明るいカラーまで全色を駆使してグラデーションを作るのはNG!

深みのあるメイクで彫り深な目元になるけれど、今のトレンドメイクは「抜け感メイク」。

4色を全部使ってしまうと、やりすぎ感が出てしまうので、注意が必要です。

使用色は2色で十分。明るめのブラウンをベースに、ブラウンを二重幅に重ねれば簡単にやりすぎ感のないトレンドメイクに早変わりしますよ♡

ラメでギラギラ!輝き命メイク

ラメ好きさんは特に注意が必要!!

まぶた全体に広げたラメはキラキラと輝きを放ち綺麗ですが、今っぽさとは真逆の印象に…。

ラメは広げすぎないのが鉄則!

今流行りのマットなアイシャドウにラメをレイヤードすると、質感の違いが際立ちとってもお洒落♡黒目の上や目頭などにポイントでラメを使用する事で、全体に広げなくても十分に輝きを放ちます。トレンドのエフォートレスメイクもお手のもの♡

時代遅れ?黒いアイラインでキメキメメイク

抜け感=何もしないは大違い。

何もしないすっぴんのようなメイクは、お疲れ顔に見られてしまうので要注意!

かと言って黒のアイラインを全体にしっかりと引いてしまうと主張が強く、目元の印象を強めてしまうので、抜け感メイクとはかけ離れてしまいます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ