無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[歯ぎしり&歯の食いしばり]口や顎のコリを改善する「オーラルリフレクソロジー」をBAILA編集者が体験!

美容

働くバイラ世代の多くが悩みを抱えている“歯の食いしばりと”“歯ぎしり”。仕事中や寝ているときなど無意識にやってしまっているもの…。症状が重いときはプロに頼るのも手! 歯の食いしばりによる顎やこめかみのコリに悩むBAILA編集スガコは「オーラルリフレクソロジー」をトライ。

編集スガコがトライ!《オーラルリフレクソロジー》

口まわりのマッサージで口や顎のコリを改善
アロマジェルを塗って、歯茎の40カ所のツボを刺激したり、表情筋や唾液腺、口の中の深層筋をほぐすのが「オーラルリフレクソロジー」。口や顎のコリ・むくみの改善や、歯周病や口臭の予防効果も。¥8800(60分)

【BEFORE】
施術前のスガコ。食いしばりぐせのせいで、フェイスラインがややもったりしていて、むくみもある印象。ほうれい線も、少し目立ちぎみ。

【AFTER】
施術後は、フェイスラインのコリとむくみが解消してシャープになり、ひとまわり小顔に。頰の位置も上がり、ほうれい線もやや薄くなった。

1.咬筋まわりをほぐす
まずかみ合わせ筋マッサージ。かむときに使う筋肉に指を当て、円を描くようにほぐす。「左が特にこってますね」と指摘されるスガコ

2.胸鎖乳突筋ほぐし
食いしばりぐせがあるとこりやすい、首の胸鎖乳突筋もつまむようにマッサージしてほぐしていく。「ここも左のほうが痛い」とスガコ

3.側頭筋もほぐす
かむときに使われる側頭筋もしっかりとほぐしていく。「カチカチの頭がほぐされていって、気持ちよくて寝ちゃいそう」(スガコ)

4.唾液腺マッサージ
顎の下などにある唾液腺をほぐすマッサージ。ストレスなどで減りやすい唾液の分泌量が増え、歯周病や口臭などの予防につながる

5.歯茎のツボを刺激
アロマを混ぜたジェルで歯茎をマッサージ。歯茎にある40カ所のツボを刺激をしていき、歯茎の血行を促進。スガコ、寝落ち寸前

6.口の中の深層筋をほぐす
口の奥まで指を入れて深層筋をほぐすオーラルマニピュレーション。ほうれい線の内側もほぐしていく。「地味に痛い〜」(スガコ)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ