無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お使いのブラウザは現在サポートされていません。

一部の機能が正しく動作しない、表示が崩れる可能性があります。

より快適にご利用いただくために、ブラウザをアップデートしてください。

どうせ切るなら髪で社会貢献♡今話題の「ヘアドネーション」って?

今話題の「ヘアドネーション」。大人の女性なら、社会貢献、寄付に対する正しい知識を知っておくのもたしなみのひとつ。ヘアドネーションのやり方や意義についてご紹介します。

美容

髪の状態はヘアカラーやパーマをかけていても大丈夫です。ただ、髪の長さは「31センチ以上」が望ましいとされています。フルウィッグを作るために必要な髪の長さが31センチだからです。団体により異なりますが、JHD&C(ジャーダック)は、15センチ以下の髪は転売などをしウィッグの制作費に役立てているため受付可としています。

JHD&C(ジャーダック)
unsplash.com

思春期の子供たちにとって、毛髪の問題はとてもデリケート。いじめにあって傷つく子供もいるそうです。違和感のない、その子に合った人毛のフルウィッグを作ってあげるためには31センチ以上の毛髪が必要です。

unsplash.com

結婚式などのイベント後は伸ばした髪を切る人も多いですよね。そういったタイミングでぜひヘアドネーションに参加してみてはいかがでしょうか。

これを機に大人可愛いショートヘアに挑戦も

hair.cm

ヘアドネーションに参加することで、今までしたことのないヘアスタイルに挑戦してみては?こちらのようにちょっとサイドが長めのショートボブなら、チャレンジしやすいかもしれません。

hair.cm

暗めの髪色で自然な感じのボブスタイル。前髪があると可愛い雰囲気が作れます。

大人女子こそヘアドネーションも選択肢に

unsplash.com

年齢を重ねるごとに、自分のためだけではなく周りのことを考えられる女性にこそ魅力を感じられますよね。どうせ切るなら、ヘアドネーションに参加してみるのも選択肢のひとつではないでしょうか。

記事に関するお問い合わせ