無料の会員登録をすると
お気に入りができます

どうして教えてくれなかったの…?誰でも「ナチュラルデカ目」がつくれる簡単メイクテク3選

メイク

コスメコンシェルジュ・16タイプパーソナルカラーアナリストのIkueです。メイクをするときに力を入れる部分はアイメイクという方は多いのではないでしょうか?できれば目は大きく見せたい!でもあまりやすぎたアイメイクはちょっと…そんな方へ今回はナチュラルデカ目が作れるメイクテクニックをご紹介します。

デカ目の必須アイテムはアイライン

デカ目を作るのに必須アイテムとなるのがアイラインです。アイラインで目元を強調してあげると目が大きくなったのを実感できるはず。

アイラインは太く描くのではなく、まつ毛の間を埋めるように描いていきます。立体感を出す効果とすき間のあるまつ毛とまつ毛の間を埋めることでデカ目に見えるようになります。

アイラインはペンシルタイプとリキッドタイプがありますが、よりナチュラルに見せたいならペンシルタイプがオススメです。

コンシーラーもデカ目見せには必要

デカ目に見せるにはしっかりクマをカバーすることも大事になります。クマがあるだけで目元が暗く見えたり下がって見えてしまいます。自然な陰影を残しながらクマをカバーしていきましょう。

コンシーラーを乗せるときは目の下ギリギリに乗せるのではなく、少し開けて乗せるようにします。目の下ギリギリに乗せてカバーしようとすると目の下がのっぺりとしてしまい、逆に目元が小さく見えてしまいます。

指でポンポンと乗せていきます。テクスチャーが硬めのコンシーラーは動きのあるまぶたに乗せるとヒビ割れのような崩れ方をするのでクリーム系や柔らかいテクスチャーのコンシーラーを使ってくださいね!目の下の影を修正するだけで目元に明るさも出るので、アイメイクの立体感がアップしてデカ目効果が倍増!

アイシャドウの選び方にもポイントあり

デカ目に見せるならば肌馴染みの良いブラウンやバーガンディーカラーがオススメ!濃い色のアイシャドウの方が目が大きく見える!と思う方がいるかもしれませんが実は逆効果。あまり目の周りを黒くしたり派手めな色にすると、目が小さく見えてしまうことがあります。

肌馴染みの良いアイシャドウを使い、上まぶただけでなく下まぶたにも囲むように使います。肌馴染みの良い色なので囲みメイクに使っても変な違和感が出ず自然にデカ目効果を出すことができます。

目頭下には明るいホワイト系のアイシャドウを入れさらに立体感を入れてあげると目元が一気にパッと大きく見えるようになりますよ!

デカ目を作るには無理に濃い色を使ったりアイラインを太くするのが逆効果です。ナチュラルにデカ目を作るならこの方法がオススメ!ぜひメイクテクの一つとして覚えておいてくださいね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ