無料の会員登録をすると
お気に入りができます

この人近寄りづらい…第一印象で損しちゃう!「怖見え眉」3選

メイク

顔の印象を大きく左右する「眉」。キレイに描けているつもりでも、なんとなく近寄りづらい印象になっているかも!?今回はついやってしまいがちな、第一印象で損をするNG眉をご紹介します。

【NG眉1】平行眉の失敗パターン「太さが均一すぎる眉」

眉頭から眉尻まで、一定の太さになってしまっている眉は、顔が大きく見える原因に…!

また、眉のアンダーラインが真っ直ぐすぎるととても不自然な眉に見えます。

眉のアンダーラインは緩やかなカーブを意識し、眉尻にかけて少しずつ細くなるように描くと自然な平行眉が手に入ります。

【NG眉2】眉上の筋肉をカバーしたつもりが…「眉上描きすぎ眉」

眉の上には眉丘筋(びきゅうきん)という筋肉があり、ここが発達しすぎている人は、元の眉の上のラインがガタガタになってしまったり、眉山が高くなってしまうことがあります。

それをカバーして平行眉にしようとすると、眉上を描きすぎてしまうなんてことが…。そうすると、老け見えしてしまうんです。

眉丘筋はコンシーラーでカバーしつつ、眉上のラインはスクリューブラシでしっかりぼかすことがポイント。

アイブロウパウダーを使って整えるのも◎です。

【NG眉3】あの頃流行ったよね…「カクカク眉」

アラサー世代が10代の頃は角度のついた眉が流行っていて、芸能人やアイドルのほとんどはこの眉でしたよね。

今でもなんとなくこの形にしてしまう癖があったりしますが、今はナチュラルな平行眉が主流の時代です。

眉山の下や眉頭の上を描き足すことで、平行な眉は作れるので、メイクのアップデートをしていきましょう♪

いかがでしたか?ちょっとのポイントに気を付けるだけで、一気に第一印象が◎な眉になれちゃうので試してみてくださいね!

使用カラコン/POP LENS ティントアイ[ブラウン]

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ