無料の会員登録をすると
お気に入りができます

逆垢抜けメイクはもう卒業!同じコスメでも劇的に垢抜ける!メイク3選

メイク

「いまいち垢抜けないのはコスメのせい…?」と思ってしまうこと、ありませんか?最新コスメも使い方によっては逆垢抜けメイクになってしまう可能性もあります。今回はNGメイクと、コスメは変えずに垢抜けメイクするテクニックをご紹介します。

【NGメイク】これぞ逆垢抜けメイク!ダメな例がこちら

1:自眉のままの眉の長さ

自眉は大体目の幅と同じくらいに生えているかと思います。自眉の長さで眉を仕上げると顔の余白が目立つ原因に!

2:二重幅よりも広いメインカラー

今回のメイクでは、肌馴染みの良いベースカラーと高発色のメインカラーの2色を使ってメイクをします。その2色をただ重ねる、広範囲に広げるだけでは×。

3:目尻を埋めるアイライン

目尻をアイラインで埋めてしまうと、「ここまでが目です!」と強調しているようなもの。できるだけデカ目に見せたいのであれば、ここをラインで埋めてはダメです!

【垢抜けポイント1 】眉は目の幅よりも長くなるように眉尻を描き足す

眉は実際の長さよりも少し長め、目の幅よりも長くなるように調節すると、小顔&デカ目効果があります。

さらに、眉頭から眉尻にかけて濃くなるように、グラデーションを作るとより小顔効果がアップします。

【垢抜けポイント2】ベースカラーは広く、メインカラーは二重幅にとどめる

今回使ったベースカラーは、自然な陰影を与えてくれるマットなベージュカラーです。このベースカラーは眉下の骨の下まで広げてOK。下まぶた全体にも広げます。

メインカラーで陰影は作ろうとせず、二重幅から少しはみ出る程度にポイント使いするのがコツです。

【垢抜けポイント3】アイラインは目尻をあけて下まぶたに描き足す

目尻はアイシャドウもアイラインも塗らずにしっかりと「抜け」を作ります。

下まぶたの目尻側に薄くアイライナーで影を描くとナチュラルな垢抜け顔に。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ