無料の会員登録をすると
お気に入りができます

あなたは大丈夫?彼と「長続きしたいなら」意識すべき4つのコト

恋愛・結婚

感情的にならない

「以前は、付き合っている彼女とよくケンカをしていて、それが原因で別れることが多かったです。どうしても感情的になってしまって……。“別れる”という言葉がすぐ出てしまっていたんですよね。それが積み重なって別れに至る。
今の彼女とは五年付き合ってるけど、そういうことはありません。ケンカはするけど感情的にならなくなりました。大人になったのかな」フミトシ(仮名)/33歳

感情的になると、思ってもいないことを口走ってしまうことがあります。それが新たな争いの火種となり、収拾がつかなくなって別れに至るケースは多いですよね。

ひとりの時間を大事に

「付き合い始めのころ、彼のことが気になって仕方ありませんでした。つい連絡したくなっちゃう……けど、それって束縛になりますよね。だからなるべく彼のことばかりを考えないようにするために、趣味を見つけました。それが陶芸です。
教室に行ったり、雑誌なんかを見ていたりすると、彼のことばかりを考えずに済みます。生活も充実して、毎日が楽しくなりました」ユウカ(仮名)/29歳

彼のことが好きだと、何をしているか気になるし、連絡を取りたくもなる。でもそれをしてしまうと、相手にもプレッシャー。ひとりの時間を大事にすることで、干渉を避けられます。

感謝の言葉を忘れない

「彼女がすごく俺に、“ありがとう”を言ってくれるんです。たいしたこともしてないのに……。むしろ俺のほうが感謝すべきなのに。
週末に家に来ては、料理を作ってくれるし、掃除なんかもしてくれる。だから俺も必ず感謝の思いを伝えるようにしています。感謝の言葉が、長続きの秘訣でしょうね」ユウサク(仮名)/32歳

感謝の思いがあっても、それを言葉にしなければ相手には伝わりません。慣れて単調にならないよう、心を込めて言うべきですね。

諦めも肝心

「彼とは六年以上付き合っています。初めのころは、なにか揉めごとがあると、とことん話し合っていました。お互いに納得するまで。でも、だんだん気付いてきました。そこまで理解し合えるものではないな……って。
お互いに別の人間ですから、考え方が違って当然。合わない部分も受け入れることが大事なんじゃないかって。諦めも肝心ってことですね」ケイコ(仮名)/33歳

話し合うことは大事ですが、納得させようという意識は傲慢さに繋がります。それは、屈服させるという考え方に近いかも。そんな関係では、長続きはしませんよね。

“彼と長く付き合いたいとき意識すべきコト”をご紹介しました。

長く付き合うためには、気を使わなければいけない部分もあります。それが面倒に感じるようなら、相応しい相手ではないのかも。本気で長続きさせたい相手なら、苦ではないでしょう。

© lassedesignen / shutterstock
© Shine Nucha / shutterstock
© Rawpixel.com / shutterstock
© Marjan Apostolovic / shutterstock

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ